パク・ヒョンシク&ムン・ソリ主演、映画「8番目の男」11月に日本公開決定…メイン写真が解禁

KSTYLE |

(C)2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzakFilm, All Rights Reserved
原題「陪審員たち(原題) 」改め、「8番目の男」の日本公開が2019年11月1日(金)に決定した。

主演を務めるのは、日本でも連続ドラマ化され大きな話題を呼んだ「SUITS/スーツ~運命の選択~」のほか、「花郎<ファラン>」「力の強い女 ト・ボンスン」などTVドラマで次々と主演を飾り、アイドルから演技派俳優へと見事に変身を遂げたパク・ヒョンシクが、粘り強く事件の問題提起をし続ける陪審員8号役として本作で華麗な長編スクリーンデビューを飾っている。

一方、初めての国民参与裁判を担当し、論理と原則に基づき強い信念で行動する裁判官キム・ジュンギョム役を、イ・チャンドン監督の「ペパーミント・キャンディー」で鮮烈なスクリーンデビューを飾り、続いて出演した「オアシス」で重度脳性麻痺の障がい者を演じ、ベネチア国際映画祭、青龍映画賞など国内外有数の映画祭の新人賞を総なめにした韓国映画界を代表する名女優ムン・ソリが見事に演じきった。

一般の国民が参加する歴史上初の裁判が開かれ、国民の耳目が集まる中、年齢も職業も性格もバラバラな8人の普通の人々が陪審員に選ばれる。彼らが担当する事件は証拠や証言が揃った殺人事件。残すは量刑を決定するのみだったが、被告人が突然容疑を否認したために陪審員たちは有罪か無罪を判断することに。初めて他人の罪を判断することになった彼らは少しずつ事件の真実を探していきますが果たして…。

2008年に韓国に初めて導入された国民参与裁判の実際の事件に基づく本作は、監督・脚本を務めたホン・スンワン自身が数人の判事に直接会って綿密なリサーチを行ったほか、50件もの類似した事件や、判決が交錯した裁判の判決文540件余りを参考にし、手に汗握るサスペンスフルな脚本を書き上げた。

「12人の怒れる男」「陪審員」「ニューオーリンズ・トライアル」「12人の優しい日本人」など、陪審裁判映画にハズレなし! 本作は裁判員制度導入10年を迎えた日本にてこの秋公開される。

■映画情報
「8番目の男」
11月1日(金) シネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開
2018年/韓国/原題:배심원들/英題:Juror 8/配給:クロックワークス
(C)2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

【キャスト】
パク・ヒョンシク「SUITS/スーツ」「力の強い女 ト・ボンスン」
ムン・ソリ「ペパーミント・キャンディー」「オアシス』」
ペク・スジャン「金子文子と朴烈」
キム・ミギョン「シークレット・サンシャイン」
ユン・ギョンホ「僕の中のあいつ」
ソ・ジョンヨン「ミッドナイト・ランナー」
チョ・ハンチョル「神と共に 第二章:因と縁」
キム・ホンパ「工作 黒金星と呼ばれた男」

【スタッフ】
監督・脚本:ホン・スンワン
撮影:ペク・ユンソク「風水師 王の運命を決めた男」
編集:キム・チャンジュ「安市城 グレート・バトル」
音楽:チャン・ヨンギュ「新感染 ファイナル・エクスプレス」

■関連リンク
公式サイト:http://klockworx-asia.com/juror8/

記者 : Kstyle編集部