Girl's Day ヘリ&キム・サンギョン主演、新ドラマ「チョンイル電子 ミス・リー」予告映像第3弾を公開(動画あり)

MYDAILY |

写真=tvN
「チョンイル電子 ミス・リー」でGirl's Dayのヘリが愉快なエネルギーと現実的な共感を引き出すリーダーシップでチョンイル電子の蘇生に乗り出す。

「悪魔が君の名前を呼ぶ時」の後番組として25日に韓国で初放送されるtvN新水木ドラマ「チョンイル電子 ミス・リー」側は3日、倒産一歩手前のチョンイル電子と、人生に疲れて無気力になった社員たちを督励するヘリ、キム・サンギョンの甘い誘惑を盛り込んだ第3弾予告映像を公開した。

「チョンイル電子 ミス・リー」は中小企業チョンイル電子の社員たちが危機を乗り越えて一緒に成長していく過程を描くオフィスドラマだ。末端経理から代表取締役になったミス・リーのイ・ソンシム(ヘリ)と、気難しい現実主義メンター(良き指導者)ユ・ジンウク(キム・サンギョン)をはじめ、チョンイル電子ファミリーの笑って泣ける生存期を描く。倒産一歩手前の会社を蘇生させるための極限の蘇生プロジェクトが、愉快な笑いと温かい共感を引き出す。

この日に公開された第3弾予告映像は、イ・ソンシムとユ・ジンウクの堂々とした登場で始まる。野心満々に扉を開けて入る二人を見つめるチョンイル電子の社員たちの眼差しは、意志という言葉は探すことができないほど無気力な雰囲気。「皆さん、会社が危機に見舞われました! こんな時こそ力を合わせて……」と決然とした意志で社員たちを督励する新人社長イ・ソンシムの声にも反応がない。意気消沈するイ・ソンシムを見守っていたユ・ジンウクが「頑張ってボーナスをもらいましょう!」と付け加える。

これに勇気を出して凛々しく声を出すイ・ソンシムの姿に、社員たちの雰囲気はすぐ逆転される。何よりも強力な“ボーナス”の甘い誘惑に、なかった力が湧き上がるように皆で「ボーナス」と「イ・ソンシム」を連呼する社員たちの親しい姿が、見る人々を微笑ませる。イ・ソンシムとユ・ジンウクをはじめ、非凡なオーラを放つ社員たちがタッグを組んで蘇生させるチョンイル電子の未来が、早くも好奇心を刺激する。“パワハラ”の代わりに共感と理解を求める新人社長イ・ソンシムの特別なリーダーシップは下手だが、最善を尽くしてチョンイル電子ファミリーを変化させ、一緒に成長していく。

一方「チョンイル電子 ミス・リー」はOCN「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」「バッドガイズ2~悪の都市~」など痛快な笑いを与える演出で好評を受けたハン・ドンファ監督がメガホンを取り、パク・ジョンファ脚本家が執筆を担当して共感力を高める。「悪魔が君の名前を呼ぶ時」の後番組として韓国で25日の午後9時30分に初放送される予定だ。

記者 : シン・ソウォン