「好きなら鳴る」キム・ソヒョン“シーズン2が制作される可能性はあると思います”

MYDAILY |

写真=Netflix
最近、ソウル三清洞(サムチョンドン)にあるカフェで行われたNetflixのオリジナルドラマ「好きなら鳴る」のインタビューに、女優キム・ソヒョンが参加した。

劇中、幼少期に不幸な事件によってトラウマを抱えながら生きるチョチョ(キム・ソヒョン)は、それぞれ違うキャラクターのソンオ(ソン・ガン)とヘヨン(チョン・ガラム)に愛される。特に劇中、重要な役割を果たす“好きアラーム”によって、各キャラクターたちの葛藤と悩み、愛が始まる。

「好きなら鳴る」はNetflixを通じて今年の8月末に公開された。キム・ソヒョンはNetflixとの初のコラボレーションについて新鮮さを感じたと伝え、周りにも勧めているという。

「このドラマはリアルタイムで公開されて、周りの反応を見ながら撮影するという従来のドラマ撮影とは撮影方法が違ったので、映画の撮影をしているような感覚でした。配信されたときも『映画が公開された』という感覚でした。なので、より自由に撮影することができました。原作の熱狂的なファンで、ドラマ化されることを楽しみにしていました。私の演技力よりもドラマがどのように展開されていくのかの方が気になりましたし、Netflixというプラットホーム自体が初めだったので気になっていました。挑戦してとても良いと感じました」と、キム・ソヒョンが本作への出演を決めた理由を語った。

これに先立って 「キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~」など、多数のウェブ漫画をベースにしたドラマに出演したことがあるキム・ソヒョンは、チョン・ゲヨン作家の「好きなら鳴る」に対しても熱狂的なファンであったと明かした。彼女は原作の細かい部分まで言及し、ファン心をアピールした。

「『好きなら鳴る』の原作はもっと明るい雰囲気です。原作は前向きな雰囲気が強かったのですが、このドラマは監督の意向によって荒っぽくて現実的な部分が多かったのです。“好きアラーム”という仮想のアプリがあり、仮想現実の世界なので、より現実的な世界を演出したいと言われて、原作よりも暗いチョチョを演じました。チョチョの現実的な姿を見せようとしました」と、原作とドラマの違いについて明かした。

「好きなら鳴る」のファンたちの間ではソンオとチョチョを応援する“ソンオ派”と、ヘヨンとチョチョを応援する“へヨン派”が存在する。これに先立ってヘヨンを演じたチョン・ガラムはインタビューで「シーズン2が制作されるとしたら、ヘヨンの本格的なロマンスを描いてほしい」という願いを語ったことがある。

キム・ソヒョンはこれに対し、「ソンオ派とヘヨン派で分かれるので、どのような展開になるのかは分かりませんが、ヘヨンとのストーリーにもっとフォーカスを当てても良いと思いました。原作では『チャクチャクチャク』という番組に出演するシーンがあります。そのようなシーンが描かれたら面白いと思いました。原作の路地でのキスシーンは、上手く表現できたと思います。可愛いくてよかったと思います」と、やはり原作のファンらしい意見を伝えた。

キム・ソヒョンはソン・ガン、チョン・ガラム、イ・ジェウンなど同じ年代の俳優たちと共演し、空き時間には共演者たちと共に脱出ゲームやゲームセンターなどで楽しい時間を過ごしたという。

「中学時代の友達と頻繁に会う事はできませんが、この作品で出会った共演者たちとは初めて遊びに行きました。ドックお兄さんと一緒に脱出ゲーム部屋に行ったのですが、普段は静かなお兄さんが全ての謎を推理していて驚きました(笑)。誰一人合わないと感じることがなく(相性が)良かったです。でも思ったよりもへヨンとのシーンが少なかったので、チョン・ガラムさんが初恋の感情を生かすために現場で頑張ってくれました。どんな話をしても、恥ずかしそうに答えてくれました。なので私もその感情を壊さないようにしました。ソン・ガンさんとはいたずらもたくさんして、お互いの感情についても話し合いました。友達のように気楽に接してくれました」

彼女に実際に“好きアラーム”があったらどう思うかについて尋ねてみた。「“好きアラーム”のアプリには長所もあって短所もあるようなので、アプリがたくさん使われて、好きな人から『インストールして確認してみよう』と言われたら、私もインストールして見ると思います」と、可愛らしい意見を語った。

「実際の“キム・ソヒョン”なら、私はソンオよりはヘヨンを選ぶと思います。ソンオは感情が一気に高ぶるイメージですが、気楽にゆっくりと近づいてくる愛の方が好きなのでヘヨンの方がいいです。“開かれた結末”(受け手の解釈によって変わる結末)で終わったのでシーズン2も考えていますが、まだ明確にオファーを受けたことはないです。シーズン1の結末を視聴者に託したので、シーズン2が制作される可能性もあると思います。私も期待して待っています」と、続編への期待を呼びかけた。

記者 : シン・ソウォン