「平日午後3時の恋人」パク・ハソン“出産後のドラマ出演…改めて女優は天職だと感じた”

OSEN |

写真=キーイースト
女優パク・ハソンには、ユーモラスで、しっかりしていて、また真似をしたくて、慕いたいと思わせる“お姉さんらしさ”がある。チャンネルAの金土ドラマ「平日午後3時の恋人」(脚本:ユ・ソジョン、演出:キム・ジョンミン)の中、無味乾燥な人生を生きていたが、危なっかしく炎のような恋におちるソン・ジウン役を務めた彼女の演技力には、しっかりとした内面から来る力があった。

パク・ハソンは最近、ソウル市江南(カンナム)区論硯洞(ノンヒョンドン)のカフェで「平日午後3時の恋人」に関するインタビューに応じ、取材陣と放送終了の心境から次回作の計画まで、様々な話を交わした。

「平日午後3時の恋人」はタブー視された愛のために苦しむ大人の成長ドラマだ。パク・ハソンが演じたソン・ジウンは、夫との愛情表現はもちろん、感情の交流すらもなかった人物で、ユン・ジョンウ(イ・サンヨプ)に出会って初めて爆発的で危険な恋におちる。

この日パク・ハソンは「良い方々と仕事ができたし、視聴者の反応も少しづつ良くなっていきました。『徐々に、深く視聴者に染み込むと思います』と言いましたが、肌で感じています。先日レビューを探して読んでいる自分を見ながら、『どうしよう。私はチョドリ(何かに夢中になっているという意味)だ。(レビュー探しに夢中になってしまっている自分に)どうしよう』 と思いました」とし、視聴者の好評に感謝の気持ちを表した。

彼女はこの作品を“人生に残る作品”として挙げた理由に対して「私が出演したドラマの中で一番綺麗に写ったと思います。チャンネルAの積極的な支援で、良い機材で撮ってもらいました。撮影監督が私のことをとてもよく知っています。綺麗じゃない角度、綺麗な角度など、序盤は映画よりも丁寧に撮りました」と率直に打ち明けた。化粧品のCMよりもレフ版をたくさん当てるほど、スタッフたちのヨルイル(一生懸命仕事をするという意味)が美しい映像美を作ったという称賛を付け加えた。

もちろん外的なもの以外にも、この作品を人生に残る作品に挙げた理由がある。パク・ハソンは「息が特によく合ったドラマです。良いコメントもたくさんキャプチャーしておきました。辛い時に見たら『そうだよ、私はこんな良い話も聞いていたよね』『私をここまで好きになってくれた方々がいたんだよね』と思うと、持ちこたえられそうな気がします。一緒に仕事をした人が本当に良い方たちで、記憶にたくさん残りそうです。普通は視聴率が良くなかったら、現場の雰囲気が重くなるけれど、そんなこともなく、すごく力をもらいました。もちろん、今まで良いチームにもたくさん会いましたが、歴代級だったと思います」とし、現場の雰囲気を語った。

パク・ハソンには、実は「人生に残る作品と評価する前に、出産後初のドラマ復帰作という修飾語がついていたのが事実だ。彼女は2017年8月に長女を出産した。

パク・ハソンは「私たちのドラマにも出てきますが、『私はもう誰かの妻ではなく、誰かの恋人ではなく、私として生きます』いうセリフがありました。多くの既婚女性の方々を代弁する言葉だと思いました。重さがあります。妻、嫁、母……幼い頃から感じてきましたが、私の家が大変だった時があって。その時も、私が早く成功してお金を稼げば、家族全員が幸せになれると思いました。自分がしっかりしていて、自分の仕事を上手くやって、将来自分の子供にも自分の仕事をしっかりするようにと話したいと思いました。それが大きな課題です。子供がやりたいことをやることができるようにしてあげるのが目標です。妻として、母として上手くやるのも重要ですが、自分についてもっと考えるようになります。たくさんの育児本を読みました。読むと『母が幸せじゃなければ、子供も幸せになれない』という言葉が多かったです。私が幸せじゃなければ、家族が幸せじゃないと思いますし、それは結婚前にも考えていたことです」と語った。

イ・サンヨプがパク・ハソンにバラエティへの出演を積極的に勧めたほど、実際に会ったパク・ハソンはユーモラスで堂々とした魅力の持ち主だった。自分で考えるバラエティセンスについては、「私は生まれる場所を間違えました。ハリウッドスタイルです」と言って笑った。また「自分は正直に話そうとしているのですが、滑る時も多くて。英語を勉強した方がいいですかね(笑)。イ・サンヨプさんとは、笑いのツボが合いました。何でも受け止めてくれます。ラブコメディで共演できたら良さそうです。バラエティが好きだし、私、面白いと思うんですけど……ハハ。待っています。最近はバラエティの時代でもあるし、もっぱら自分として出演するバラエティなら良いと思います」と伝えた。

「そういう意味で、育児バラエティには出演しないのか?」という質問には、「自信がないんです。皆さんが思っているイメージではないと思います」という。パク・ハソンは「あの方(夫)はいいと思います。私は率直な方なので、隠すのが苦手なんです。周りの知人たちに止められました。『あなたの夫は良いと思うよ。でもあなたはダメ』だと。私はただ作品だけで、私のバラエティセンスだけで話をしようと思います。すごく臆病になるのが、30歳になったら悪口を言われないと思っていました。20代にはただただ綺麗、かわいいという反応だったとすれば、30代になったら『髪の毛がなんであんなに長いの』『子供の世話は誰がしているのか』という反応もあって、まだ臆病になります。40になったら大丈夫かな(笑)」と素直に思いを打ち明けた。

大衆にとってパク・ハソンは“たおやか”というイメージがあるのも事実だ。それが時には足かせのように思えるのだろうか。彼女は「たおやかだと言ってもらうのは本当にありがたいけれど、たおやかという言葉は今の時代では適用し難い言葉ではないかと思います。どこでたおやかになればいいんでしょう」と話し、笑顔を見せた。

これからパク・ハソンは休まず走る予定だ。彼女は「優しいだけではなく、本当にずるい性格の役も上手く演じることができると思います。人間は優しいばかりではいられません。悪役もできるし、自分が思っている自分はガールクラッシュ(女性が見てもカッコいい女性)に近いです。サバサバした役、おしゃれする役、恋愛の演技もやってみたいです。私はこれからだと思います。やりたいことが増えました」と伝えた。

休んでいる間、かえって役者を“天職”だと思うようになったというパク・ハソン。彼女は「休むのは元々好きじゃないんです。休むとやることがありません。休みながらさまざまな趣味も作って、全部やってみましたが、結局は演技ほど面白いことはなかったです。一度ハマったら徐々に深くのめり込んでいく職業だと思います。天職だということを休みながら感じました。昔は30歳くらいで結婚して、子供を産んで、平凡に暮らしたいと、『思いっきりハイキック!』の時にインタビューで話したことがあります」と笑顔で打ち明けた。

しかし「最近では、生涯仕事をしようと考えています。これほどの仕事は他にありません。何をしても全部役に立ちます。今回も難しいシーンを撮りましたが、『これのために、あの時大変だったのかもしれない』と考えました。個人的に大変でも役に立つし、どんな趣味を持っても役に立ちます。今は本当に感謝しています。私がこれに20代の時に気づいていたら、もう少し変わっていたはずなのに、その時は分からなかったんです。最近はそんなことをたくさん考えています。20代の女優の方々を見たら、すごく抱きしめてあげたい気持ちになるんです。『大変でしょう?』って。どんな気持ちなのか、ものすごく分かるので、抱きしめてあげたくなります。閉じ込められた生き方しかできないのが少し残念です。自分がそれを破って出てくればいいのに」と率直に打ち明けた。

記者 : イ・ソダム