キム・ソヒョン、新ドラマ「誰も知らない」に出演確定…罪責感と過去のトラウマを抱く刑事に変身

MYDAILY |

写真=elrise
女優キム・ソヒョンがSBS新ドラマ「誰も知らない」に単独主演として出演する。

キム・ソヒョンは韓国で来年上半期に放送される予定の「誰も知らない」で、一番大切だった友人を守ることができなかった罪責感と過去のトラウマを抱いて強力系刑事になった主人公チャ・ヨンジンを、繊細な感情演技と特有のカリスマ性で演じ、もう一度ジャンル物のマスターキーとして活躍する。

「誰も知らない」は、聖痕連続殺人事件で一番大切だった友人を失ったチャ・ヨンジンが19年ぶりに再び始まった連続殺人を追跡する過程で、悪の実体を知るようになる話を描く。

ドラマ「SKYキャッスル」以来、連日次期作ニュースを知らせているキム・ソヒョンは、これで来年上半期まで自身のラインナップを完成した。昨年撮影を終えた「MR.ZOO」と、今年7月初めにクランクインした映画「女校怪談」の6番目のシリーズ「女校怪談 リブート:母校」を通じて観客たちに会う予定だ。来年上半期の編成が有力なドラマ「誰も知らない」まで出演を確定し、活発な活動を予告した。

記者 : ミョン・ヒスク