イ・ドンゴン、新ドラマ「レバレッジ:詐欺操作団」に出演確定…最高の詐欺戦略家に変身

TVREPORT |

写真=FNCエンターテインメント
俳優イ・ドンゴンのTV朝鮮ドラマ「レバレッジ:詐欺操作団」イ・テジュン役にキャスティングされた。

ドラマ「レバレッジ:詐欺操作団」は韓国最高のエリート保険調査官から、最高の詐欺戦略家に生まれ変わったテジュンが、法網の上で遊ぶ本当の悪者を捕まえるために、各分野最高の選手たちと集まり、目には目、歯には歯、詐欺には詐欺で返す本格正義実現ケイパードラマだ。

同名の原作、アメリカドラマ「LEVERAGE」のリメイク作で、原作「LEVERAGE」は、アメリカTNTチャンネルでシーズ5まで放送され、エレクトロニックエンターテインメントのディーン・デブリンとジョーン・ロジャース、クリス・ダウニーが制作した。

イ・ドンゴンは、ドラマで原理原則主義者のエリート保険調査官から、専門詐欺チームのリーダーに生まれ変わるイ・テジュン役を演じる。イ・テジュンは優れた頭脳と洞察力ですべてのトリックを見破り、一時期詐欺師たちの死神で有名な人物だったが、予想しなかった事件の後、本当の悪者を捕まえるために各分野の最高の選手たちを集め、最高の詐欺チームを作り、本当の“正義実現”を見せてくれる予定だ。

イ・ドンゴンは最近、「ただ、一つだけの愛」でチ・ガンウ役を演じ、大切な恋人を失った切なさからバレー団芸術監督のプロフェッショナルな姿まで、キャラクターの両面性を繊細に表現し、好評された。そして休まず次の作品活動に入るイ・ドンゴンが「レバレッジ:詐欺操作団」を通して披露する天才的な頭脳プレーに注目が集まる。

「レバレッジ:詐欺操作団」は韓国で10月13日、TV朝鮮で放送が始まる。

記者 : キム・ガヨン