Vol.1 ― VERIVERY、2度目の単独イベントが開催決定!会ってみたい俳優は?「菅田将暉さんに…かっこ良さを学びたい」

KSTYLE |

VIXXの弟グループとして、Jellyfishエンターテインメントから今年の1月9日にデビューした7人組ボーイズグループVERIVERY。作詞・作曲・振付はもちろんのこと、メンバー自らミュージックビデオの企画、撮影、編集までを行う“DIYアイドル”として注目を集めている。

そんなVERIVERY が「KCON 2019 JAPAN」で待望の初来日を果たし、7月には初の日本単独イベントを開催。さらに早くも2度目の単独イベント開催も決定し、今後の活躍にもますます期待が高まっている。今回Kstyleでは、インタビューを実施! 初来日ステージの感想やメンバーの魅力、今後の抱負など、メンバーたちに幅広く語ってもらった前編をお届けする。

【PHOTO】VERIVERY、日本で行きたいところは?「アニメで実際に描かれている場所に…」

VERIVERYの取材裏側に潜入!イケメンな姿から可愛すぎる表情まで…メイキング映像を大公開

さらにVERIVERYの直筆サイン入りポラを、抽選で2名様にプレゼント!

VERIVERY 直筆サイン入りポラは記事下をチェック!

――まずはお一人ずつ自己紹介をお願いします。自分はグループの中でこんな魅力を持っているというポイントも教えてください。

ドンホン:こんにちは、VERIVERYのリーダードンホンです。全てのことを一生懸命頑張り、グループを引っ張るかっこいいリーダーです。

ミンチャン:ビジュアルを担当しているミンチャンです。全てのことをやり遂げられる、多芸多才なメンバーとして覚えてください。

ケヒョン:VERIVERYのリードボーカルケヒョンです。多才で周りを明るくする魅力溢れるメンバーとして覚えてください!

ヨンホ:メインボーカルヨンホです。僕はダイヤモンドのような声で歌うボーカルとして皆さんに覚えてほしいです。

ヨンスン: VERIVERYの規則正しい生活を担当しているヨンスンです。ステージの上で楽しむことが上手なアーティストになりたいし、そのように覚えていただければうれしいです。

ホヨン: VERIVERYでお母さんを担当しているホヨンです。僕はステージの上ではかっこいい、ギャップのある姿が魅力的なメンバーとして覚えてもらえたらうれしいです。

カンミン: VERIVERYの末っ子カンミンです。いつも一生懸命に頑張る人として皆さんに覚えてほしいです。


「寝起きの姿が可愛くて…見せられないのが残念」

――それぞれ自己紹介をしていただきましたが、実はこんな面も持っているというメンバーから見たそれぞれの魅力はどうでしょうか?

カンミン:ホヨン兄さんは緊張したら可愛くなります(笑)。ホヨン兄さんは可愛らしさがあるところが魅力だと思います。

ホヨン:ヨンスンは歌もダンスも上手ですが、実は頭もとても良いんです。天文学者がもともと夢だったし、本もたくさん読むので賢いです。

ヨンスン:ヨンホは物事を肯定的に考える性格です。だからそういったエネルギーを周りの人にも与えることができる、強いエネルギーを持っているメンバーだと思います。

ヨンホ:ケヒョン兄さんは社交的な性格なので、どこに行ってもすぐに適応できるし、VERIVERYのメンバーたちに初めて会った時もすぐに仲良くなれました。

ケヒョン:ドンホンさんはカリスマ性のあるリーダーですが、実はちょっとか弱い部分もあるギャップが魅力的だと思います。

ドンホン:ミンチャンは全てのことをうまくこなして、多芸多才に見えますが、私生活ではちょっと抜けているところもあります(笑)。何もかもが完璧だったらそれはそれで面白くないと思うのですが、ミンチャンは抜けているところがあって面白いです(笑)。

ミンチャン:カンミンは末っ子で、成長中の青年らしく、よく寝るんです。寝て起きた時、まだ完璧に眠気が覚めていない時の姿がすごく可愛いです(笑)。ファンの皆さんも一緒に見られたらいいのに……見せることができないから残念です(笑)。

――皆さんは作詞・作曲、振付のほか、ミュージックビデオの企画や撮影、編集までもメンバーたちで行っているクリエイティブなところが他のグループと違う魅力ポイントだと思います。主にミンチャンさんが担当されているようですが、もともとそのようなことに関心のあったのですか?

ミンチャン:最初は代表が僕たちに映像の課題を出して、全員提出したのですが、その中で代表が僕に才能があると言って、VERIVERYの映像担当をやってみてと言われました。最初は本当に簡単な映像の編集から始めましたが、やってみるとすごく面白かったんです。

YouTubeでいろいろな動画を見ていますが、編集というものを少し勉強してから見ると、アップされているYouTubeの映像がどのように編集されたのかが分かって、面白いなと思いました。まだ僕ができない技術を使って編集しているのを見ると僕もできるようになりたいと思います。

――映像制作は、どのようにして勉強されたのですか?

ミンチャン:独学を続けていたら、僕たちの“DIYミュージックビデオ”を編集する際も、苦手意識を持たずに作業ができるようになりました。やっていくうちに興味が湧いて、もっとうまくなりたいという気持ちが大きくなりました。

――映像制作を本格的に誰かに教わったことはありますか? また、勉強のためによく見るチャンネルはありますか?

ミンチャン:最初は会社の方に動画を切ったり貼り付けたりする、編集の基本だけは教わって、それ以降は僕がいろいろな動画を参考にしながら自分で勉強しました。音楽も映像もクルーで制作しているDPRという、とてもアーティスティックな方々がいらっしゃるのですが、その方々の音楽や映像がとても洗練されていて。

映像に使われている効果も、今後のミュージックビデオのコンセプトや雰囲気に合いそうなものがあれば、参考にしたい部分が多くて、新しい作品が公開される度にチェックしています。

ケヒョン:ミンチャン兄さんがやればやるほど上手になっているのを見ると僕も嬉しいです。もっと上手になって、編集を専門でやっている方にも劣らないくらいになってほしいと期待しています。

カンミン:DIYで映像を制作するのは簡単なことではないと思います。とても難しいことなのに、ミンチャン兄さんがやってくれてとても感謝しています。さらにこれからクオリティの高い映像を作ってくれるだろうと確信しているので、期待しています。


KCONで初来日「ただただ楽しかった」

――皆さんは5月の「KCON 2019 JAPAN」で初来日されて、海外活動自体もその時が初めてだったとお聞きしました。初の日本や海外でのスケジュールはどうでしたか?

ケヒョン:実は、日本の「KCON」のリハーサルの時に緊張しすぎて失敗することが多くて(笑)。一番最後のリハーサルでも、トークタイムの時に言葉が詰まっちゃったりとかして完璧ではなかったので、それでさらに緊張感が高まりました(笑)。

でも本番はもう何も考えずに、ただ観客の方と僕たちだけがいると考えて、楽しく遊ぼうという気持ちでステージに立ったら、結果的にはあまり緊張せずにできました。

ミンチャン:ステージに上がる前はすごく緊張していたのですが、ステージ上に出て行ったら皆さんからの歓声が、緊張を楽しさに変えてくれました。

たくさんの方の前で僕たちの音楽を披露することができて、一緒に楽しんでくれる方がいるというのを実感して、「ああ、これだから歌手という職業は意味深いものなんだな」と改めて感じた時間でした。

――「KCON」のMeet&Greetなどで日本のファンの皆さんと近い距離でコミュニケーションをしてみてどうでしたか?

カンミン:初めて日本のファンの皆さんと近い距離で会う機会だったので、ただただ楽しいという感情しかなかったです。

ケヒョン:海外にどれだけ僕たちのファンの方々がいるのか、実際よく分からなかったんです。でも、会場にすごくたくさんの方が来てくださって驚きました。こんなに僕たちのことを知っている方がいるんだなと思ったし、もっと一生懸命頑張らなければと思うきっかけになりました。

ドンホン:海外活動はすればするほど新鮮に感じます。国ごとの文化を経験することができますし、応援してくださる方法も違うので、とても楽しいです。

ケヒョンが言ったように、日本やシンガポール、ニューヨークにも僕たちのファンがこんなにいるんだということが分かって、それがとても力になりましたし、さらに一生懸命活動できるきっかけになったと思います。


「菅田将暉さんから…かっこ良さを学びたい」

――食べ物、音楽、文化など、日本について関心のあるものがありますか?

ミンチャン:僕は日本のアニメが好きですが、作品だけでなくその主題歌にも注目していて、よく聞きます。「君の名は。」のRADWIMPSさんの「前前前世」「なんでもないや」や、アニメ「遊☆戯☆王」のBOWLさんの「ティアドロップ」など、バンド音楽も好きです。

ヨンホ:僕は日本食がすごく好きです。子供の頃からお寿司やラーメンが好きだったのですが、今はつけ麺を食べてみたくて。今回必ず食べたいです!

ドンホン:僕は俳優の菅田将暉さんを最近好きになりました。自分のスタイルを持っていてかっこ良いし、ファッションもおしゃれなのでチェックしています。いつか必ず会ってみたい俳優さんの一人ですし、会ったらかっこ良さをたくさん学びたいと思います(笑)。

ホヨン:僕は映画やアニメで見る日本だけが持っている感性が好きです。ジブリの作品も好きですし、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」も大好きです。日本の作品のおぼろげな雰囲気っていうんでしょうか、それがすごく好きですね。

ヨンスン:僕は「ドラえもん」が好きです、可愛いから(笑)。

ケヒョン:僕も日本のアニメが好きで、「ONE PIECE」とかもすごく有名じゃないですか。そういうキャラクターのフィギュアがいっぱい売っている場所があるんですよね?

――秋葉原ですかね?

ケヒョン:あ、そうです! 秋葉原に行っていろいろと見てみたいし、フィギュアを集めたいです。僕は一番ルフィが好きです!

ホヨン:ケヒョンはルフィに顔が似てるね(笑)。

カンミン:僕は日本食に関心が高いです。韓国でも日本食は人気ですが、日本に来たので現地でいろいろなものを食べてみたいです。

――以前「KCON」で来日された時には何か食べられましたか?

カンミン:その時は時間がなくて、たこ焼きだけを食べましたがおいしかったです。コンビニにも行きたかったですが行けなかったです。

ドンホン:その時コンビニで買ってきてもらったとんかつサンドを食べたのですが、それがとてもおいしかったです!

ホヨン:僕はプリンがおいしかったです。

ドンホン:あとあれも! お餅が入っているアイス(雪見だいふく)!

ドンホン:今回も必ず食べます!

――日本で行きたい場所はありますか?

ドンホン:ディズニーランドに行くこと! これは僕のバケットリストのうちの一つなんです。それからUSJもいつか必ず行ってみたいです。大阪の道頓堀にも行きたいです。お好み焼きとか鉄板料理が好きなのですが、大阪で本場の鉄板料理を食べてみたいです。

ミンチャン:僕も冬なら「さっぽろ雪まつり」に行きたいですが、夏だからディズニーランドに行きたいです。

ドンホン:同じだね! じゃあ一緒に(笑)。

ミンチャン:(ドンホンと握手)それから日本のアニメは本当にある場所を描いていたりもしますよね。その場所に実際に行ってみたいです。

ホヨン:北海道って冬に行くと雪がたくさん降って景色がすごくきれいじゃないですか。だけどもともときれいな場所なので、今の季節に行っても風景を楽しみながら癒されると思います。

ヨンホ:僕は立って食べる焼き鳥屋さんがあることを知って、そこに行ってみたいと思いました。それからお寿司なども食べることができる夜市にも行ってみたいです。

ヨンスン:僕は公共交通機関を利用してみたいです。電車とか新幹線とか、日本の映画を観るとよく出てくるので乗ってみたいです。

ケヒョン:あ、あと温泉にも行きたいです! 夏に行くのもいいと思います!

撮影:前手秀則

■公演概要
VERIVERY Japan 2nd Show ~Let's tag it~
<大阪公演>
2019年11月30日(土)
[昼公演]14:00 開場 / 15:00 開演
[夜公演]18:00 開場 / 19:00 開演
会場:Zepp Osaka Bayside

<東京公演>
2019年12月2日(月)
[昼公演]14:00 開場 / 15:00 開演
[夜公演]18:00 開場 / 19:00 開演
会場:Zepp Tokyo

<チケット情報>
料金:全席指定 8,800円(税込)
参加者全員特典:VERIVERYグループハイタッチ会つき
⇒各公演の終演後、2グループに分かれてのハイタッチ会を行います。グループ分けの事前発表は行いませんのでご了承ください。
※別途ドリンク代 600円必要

○オフィシャルサイト先行
受付期間:9月30日(月)12:00~10月14日(月・祝)23:59
URL:https://verivery.jp/

主催:Jellyfish Entertainment Japan株式会社
企画・制作:Jellyfish Entertainment Japan株式会社 / 株式会社インタラクティブメディアミックス
協力:株式会社THE STAR JAPAN
運営:[大阪公演]キョードーグループ / [東京公演]キョードー横浜

■関連サイト
VERIVERY JAPAN OFFICIAL SITE:https://verivery.jp/


◆VERIVERY 直筆サイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント◆



※プレゼントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。※

【応募方法】
Kstyle公式Twitterアカウント「@Kstyle_news」をフォロー&コチラのツイートをRTするだけ。奮ってご応募ください。

【応募期間】
2019年9月20日(金) 18:30 ~ 9月24日(火) 11:00まで

【参加条件】
・TwitterでKstyle公式Twitterアカウント(@Kstyle_news) をフォローしていること。
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)
・応募に関する注意事項に同意いただける方

【当選発表について】
・プレゼントの当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・プレゼントはお選びいただけませんので、予めご了承ください。
・当選者の方にはKstyle(@Kstyle_news)のアカウントよりDM(ダイレクトメッセージ) にて当選のご連絡をさせていただきます。
・プレゼントに関するDM/メンションでのご連絡は、平日10:00~18:30となります。
※DM(ダイレクトメッセージ)は、Kstyle(@Kstyle_news) をフォローいただいておりませんと、お送りすることができませんので、ご注意ください。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、ご応募者のツイート内容については一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、指定の日時までにご連絡がない場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針<プライバシーポリシー>をお読み下さい。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明・又は連絡不能などの場合。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。

記者 : Kstyle編集部