WINNER キム・ジヌ、ソロデビュー曲「CALL ANYTIME」がLINE MUSICソングTOP100ウィークリーチャートにて初の1位獲得!

KSTYLE |

WINNERのボーカルJINU(from WINNER)の初ソロデジタルシングル「JINU's HEYDAY」から「CALL ANYTIME feat.MINO(from WINNER)」が先日8月14日(水)に日本語Ver.、韓国語Ver.の2バージョンで同時配信され、日本語Ver.がLINE MUSICソングTOP100ウィークリーチャート(8月14日~8月20日)にて初の1位を獲得した他、韓国語Ver.も世界14地域のiTunesチャートで1位を獲得するなど世界的にチャートを席巻している。

このソロ曲「CALL ANYTIME feat.MINO(from WINNER)」は、繊細な恋愛感情を表現したウィットに富んだ歌詞と、優しいギターの旋律にリズム感のあるベースが強調されたポップス曲で、WINNERのラッパーMINOが作詞をはじめ、ラップでフィーチャリングし、楽曲はヒットプロデューサーCHOICE37が手掛けるなどJINUとの化学反応が注目を集めている。

WINNERとしても先日8月7日(水)にリリースされた日本ニューミニアルバム「WE」がBillboard JAPANトップアルバムセールス(8月19日付)2位にランクイン。リリースを記念した「メンバー全員ハイタッチ」イベントの開催も決定。

12月7日(土)東京・竹芝ニューピアホール、12月8日(日)名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、12月14日(土)大阪・堂島リバーフォーラム、12月15日(日)福岡・福岡タワー タワーホール1の全4都市各3部制で開催予定となっている。

そしてこの日本ニューミニアルバム「WE」を提げたツアー「WINNER JAPAN TOUR 2019」が現在開催中だ。全7都市9公演で自身最多約5万人動員予定の本ツアーは、WINNER初となるバンドを迎えたステージで、全ての楽曲が新たにバンドサウンドでアレンジされており、デビュー5年目で成熟されたWINNERのキレのあるヴォーカル、ダンス、バンドサウンドが一体となった高い音楽性が表現されている。

「WINNER JAPAN TOUR 2019」は残すところ、8月31日(土)静岡・静岡市民文化会館 大ホール、9月1日(日)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール、9月14日(土)京都・ロームシアター京都 メインホール、ツアーファイナルの9月16日(月・祝)マリンメッセ福岡の4公演が控えているので、こちらも併せて要チェックだ。

■リリース情報
デジタルシングル「JINU's HEYDAY -JP EDITION-」
1.CALL ANYTIME feat.MINO(from WINNER)-JP Ver.-

ダウンロード・ストリーミング再生はこちら
https://avex.lnk.to/call-anytime

デジタルシングル「JINU's HEYDAY -KR EDITION-」
1.CALL ANYTIME feat.MINO(from WINNER)-KR Ver.-

ダウンロード・ストリーミング再生はこちら
https://itunes.apple.com/jp/album/id1476057844?app=apple&ls=1

■公式サイト
WINNER日本オフィシャルサイト:https://ygex.jp/winner/

記者 : Kstyle編集部