イ・スンギ&miss A出身スジ主演新ドラマ「バガボンド」予告ポスター公開…壮大な物語の序幕

Newsen |

写真=CELLTRIONエンターテインメント
SBS新金土ドラマ「バガボンド」が壮大な物語の序幕を表す圧倒的な予告ポスターを公開した。

9月20日から韓国で放送スタートするSBS新金土ドラマ「バガボンド」(脚本:チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン、演出:ユ・インシク/制作:CELLTRIONエンターテインメント/代表:パク・ジェサム)は、民航旅客機墜落事故に巻き込まれた1人の男が、隠された真実の中で見つけた巨大な国の陰謀の真相を暴く過程を描く。家族も所属も、名前すらも失った“放浪者(バガボンド)”たちの、危険で赤裸々な冒険が繰り広げられるスパイアクション恋愛ドラマだ。

今回は「バガボンド」の象徴的な意味を際立たせる予告ポスターが公開され、視線を奪う。一寸の光も許さない暗黒の上空を飛んでいた巨大な飛行機が傾いて地面に墜落するシーン。しかも翼に火がつき、炎々と燃え上がっている絶体絶命の緊迫した瞬間が表現され、一触即発の危機感を表している。

さらにその上に「それは巨大な陰謀の始まりだった」という強烈で意味深なキャッチフレーズが緊張感を高め、ドラマへの想像力と好奇心を刺激する。普通のドラマでは見たことのない、まるで一本の映画のポスターを見るような圧倒的なスケールと華やかなビジュアルが大作ドラマの誕生を予告している。ミステリーとスパイ、恋愛とヒューマニズムが緻密でスペクタクルに繰り広げられる「バガボンド」のストーリーへの期待を高める。

特に「ジャイアント」「サラリーマン楚漢志」「お金の化身」「君たちは包囲された!-アクシデント・ラブ-」「ミセス・コップ」「浪漫ドクターキム・サブ」など、手がける作品ごとにヒット作を誕生させた“ミダスの演出”ユ・インシク監督と、「ジャイアント」「サラリーマン楚漢志」「お金の化身」でユ・インシク監督と息を合わせた“ミダスの脚本家たち”チャン・ヨンチョル&チョン・ギョンスン脚本家がタッグを組んだ3回目の作品だ。

そこにイ・スンギ、miss A出身スジ、シン・ソンロク、ムン・ジョンヒ、ペク・ユンシク、ムン・ソングン、イ・ギョンヨン、イ・ギヨン、キム・ミンジョン、チョン・マンシク、ファン・ボラ、チャン・ヒョクジンら豪華キャストで話題を集め、2019年下半期最高の話題作として期待が高い。

制作会社CELLTRIONエンターテインメントは「たったワンシーンに壮大な物語の序幕を凝縮して盛り込むため制作陣全員が心血を注いだ」とし、「初放送、最初のシーンを見た瞬間から手に汗握る集中度を与えるため努力している。『バガボンド』にたくさんの関心をお願いしたい」と伝えた。

記者 : キム・ミョンミ