放送終了「60日、指定生存者」チ・ジニ、最後に選んだ道とは…?

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「60日、指定生存者」 放送画面キャプチャー
チ・ジニが次次回の大統領選挙に出馬し、政治家として活動を続けることにした。

韓国で20日に放送されたtvN「60日、指定生存者」最終話では、学者ではなく政治家としての道を選んだムジン(チ・ジニ)の姿が描かれた。

元大統領府の秘書室長ジュスン(ホ・ジュノ)が、テロを幇助した内部の共謀者だった。ジュスンは大規模のテロを黙認したことについて「この国は、ヤン大統領を持つ資格がない国ですから。利己的で、欲張りなこの国の国民に、ヤン大統領は最初から似合わない、身に余る大統領でした」と言った。

憤ったムジンが「それで、国会議事堂をテロして、復讐でもしたかったのですか? この国の国民に?」と責めると、ジュスンは「この国の国民に相応しい統治方式を使おうと思ったんです。これまでの失敗の中で得た教訓です」と一蹴した。

ジュスンの新しい計画は、ムジンを大統領にすることだった。ジュスンは「無差別テロを完成した人として覚えられたいですか? それとも、テロから国を守った大統領として残りたいですか?」とムジンを選択の岐路に立たせた。

ジュスンは「これからも、化け物になるのは私にしましょう。パク代行はそこに座って政治をすればいい。市民のための政治を。私はその道だけが多くの人の犠牲を無駄にしない愛国の道だと信じているんです」と強気に言った。

しかし、ジュスンの予想と違ってムジンは次回の大統領選挙に出馬しないと宣言した。大統領府の中にテロの共謀者がいて、責任者としてその責任から逃れることはできないということだった。ムジンは「どの瞬間でも、大韓民国は私とみなさんのプライドでなければなりません」と言い、繰り返し不出馬の理由を明かした。

ジュスンが「パク代行も、ヤン大統領のように失敗するでしょう」と警告すると、ムジンは「私は失敗しません。ヤン大統領も、失敗しませんでした。もちろん、試行錯誤は経験するでしょう。しかし、その過程を私たちは歴史と呼んでいるんです」と一喝した。

ジュスンの身柄が国家情報院に渡された後、ヨンジン(ソン・ソクグ)は、ムジンに「なぜ私に言わなかったのですか?」と寂しい心を打ち明けた。それでもヨンジンは「私は、パク代行を守る人です。パク代行の座だけではありません。パク代行の意志、信念そのすべてを守る人です」と変わりない信頼を見せた。

その後、第21代大統領選挙が行われた。ムジンは就任式を見守った後、大統領府を去った。ムジンは幸せだった日常に戻った。

ムジンは学者として米スタンフォード大学からスカウトの提案も受けた。しかし、なかなか簡単に決めることはできなかった。

2年後、ヨンジンは大統領選挙のキングメーカーとして有力な候補の提案を受けた。ヨンジンは「政治界では、名分を守ることが最も実利的で実用的な選択だと思います。私は、勝つ戦いだけをします」と言い、提案を断った。「気になる他の候補がいるのか」という質問には、笑顔で答えた。

ここにスジョン(チェ・ユニョン)とナムク(イ・ムセン)らが加わり、一瞬にドリームチームが完成した。ヨンジンは彼らとともにムジンのもとを訪れ、「次回の大統領選挙に出馬していただけますか?」と質問した。ムジンは笑顔で承諾した。

「60日、指定生存者」は政治家としての道を選んだムジンを捉え、ハッピーエンドで幕を閉じた。

記者 : イ・ヘミ