ク・ヘソン側、アン・ジェヒョンとの離婚について公式コメント「協議はしたが…離婚する意思はない」(全文)

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
女優ク・ヘソン(35)側がアン・ジェヒョン(32)と離婚する意思がないと明らかにした。

20日、ク・ヘソンの法務法人リウは公式コメントを通じて「ク・ヘソンさんはアン・ジェヒョンさんと離婚について“協議”したことはあるが、離婚に“合意”したことはないし、現在離婚する意思が全くなく、離婚に関する帰責事由も全くありません」と伝えた。

続いて「ク・ヘソンさんが直接明かしたように、アン・ジェヒョンさんの結婚倦怠感と信頼毀損、変心、酒に酔った状態で多数の女性と緊密かつ頻繁に連絡をしていたなどの理由で激しいストレスを受けてきたク・ヘソンさんが、協議離婚のための手続きを踏んでいたのは事実だが、ク・ヘソンさんの母親の精神的衝撃と健康悪化、そして家庭を守りたい気持ち、離婚に合意する意思がないことを、ク・ヘソンさんが直接すでにSNSを通じて明らかにしました」と付け加えた。

写真=マイデイリー DB
ク・ヘソン&アン・ジェヒョン、悪質コメントへの法的対応を予告…事務所が発表「これ以上黙認できない」

ク・ヘソン、HBエンターテインメントとの契約を解除?報道を事務所が否定「契約は続いている」

【ク・ヘソン側の法務法人の公式コメント】

本法務法人はク・ヘソンさんの法律代理人として、先週の日曜日からク・ヘソンさん、アン・ジェヒョンさんの離婚と関連したク・ヘソンさんの公式的なコメントを本報道資料を通じてお伝えします。

まず改めてク・ヘソンさんの芸能活動と結婚生活に関心を持っていただき、見守っていただいた多くのファンの方々と、支持を送ってくださった方々にこのような姿を見せることになって大変申し訳ない、当事者の気持ちを代わりにお伝えします。

これと共にク・ヘソンさんはアン・ジェヒョンさんと離婚について“協議”したことはあるが、離婚に“合意”したことはないし、現在離婚する意思が全くなく、離婚に関する帰責事由も全くありません。

離婚合意書の草案が二人の間でやり取りされたことはあるが、全くこれに捺印や署名されたことがないです。すでにク・ヘソンさんが直接明かしたように、アン・ジェヒョンさんの結婚倦怠感と信頼毀損、変心、酒に酔った状態で多数の女性と緊密かつ頻繁に連絡をしていたなどの理由で激しいストレスを受けてきたク・ヘソンさんが、協議離婚のための手続きを踏んでいたのは事実だが、ク・ヘソンさんの母親の精神的衝撃と健康悪化、そして家庭を守りたい気持ち、離婚に合意する意思がないことを、ク・ヘソンさんが直接すでにSNSを通じて明らかにしました。

そしてク・ヘソンさんの母親を考える気持ちと家庭を守りたい気持ちは現在も変わらないです。

従ってク・ヘソンさんとアン・ジェヒョンさんが離婚に“合意”したという記事は、全く証拠がない事実無根であることを知らせます。

またク・ヘソンさんは現在、所属芸能人のプライバシーに一方的に関与し、信頼を失ったク・ヘソンさんの事務所ともこれ以上ともにすることができないことを確認し、早急に専属契約を円満に解除することを願います。ただし、ク・ヘソンさんの事務所がこれに協調しない場合、法的な措置を取るつもりです。

そしてク・ヘソンさんとアン・ジェヒョンさんの離婚と関連してはこれ以上、根拠のない推測による記事が出ないようにお願いします。

改めてプライベートな事が公論化して良くない姿を見せることになった点は申し訳なく、今後円満に解決していきます。

記者 : イ・スンギル