「好きなら鳴る」キム・ソヒョン、少女漫画の主人公にプレッシャー?“可愛い姿を見せないといけないと思ったが…”

MYDAILY |

キム・ソヒョンが「好きなら鳴る」を通じて、少女漫画の主人公になった感想を伝えた。

本日(20日)午前、ソウル東大門(トンデムン)JWマリオットスクエアホテルではNetflixのオリジナルドラマ「好きなら鳴る」の制作発表会が開催された。演出を務めたイ・ナジョン監督と主演キム・ソヒョン、チョン・ガラム、ソン・ガンなどが出席した。

この日、キム・ソヒョンは少女漫画の主人公になった感想を伝えた。彼女は「最初は心がときめいたけれど、少女漫画の主人公という事実にプレッシャーも感じた。可愛い姿を見せないといけないと思ったが、余計な心配だったようだ」と伝えた。

続いて「ドラマ化された時、監督の意図と作品の雰囲気、現場に没頭しようとした。少女漫画、青春物だと意識せず、日常生活のように演技した」と語った。

「好きなら鳴る」は、チョン・ゲヨン作家の同名ウェブ漫画を原作にした作品だ。好きな人が半径10mの中に入るとアラームが鳴るAPPが開発され、アラームを通じてしか心が表現できないと思われる世の中で繰り広げられる3人の男女のラブストーリーを描く。Netflixで今月22日から公開される。

記者 : キム・ナラ、写真 : ハン・ヒョクスン