TARGET、本日(20日)韓国で4ヶ月ぶりの超高速カムバック…動画メッセージが到着!

KSTYLE |

4ヶ月ぶりの超高速カムバックとともに超高速成長中のTARGETが、ヒットメーカーが複数参加したニューシングル「BABY COME BACK HOME」を発売した。

今年4月、2ndシングル「Beautiful」で大衆に純粋な感性を披露したTARGETが一段と強力で成長した姿で4ヶ月ぶりに大衆の前に登場した。

今回のシングルは、前作「M the M」でつながるターゲットの二番目の成長物語だ。「S the P」は、Story the Planetの略字でTARGETという星が青春たちに伝えるストーリーを盛り込んでいる。自ら光を放つことができず、異なる光を反射して光を噴き出した存在として、ファンに愛を届けた月が、今は少しでも自ら光を噴き出し、自分たちの物語を、大衆に伝えようとしている。

タイトル曲は、疲れて彷徨う青春たちに希望を失わずに自信を持ってもう一度挑戦しようというメッセージを盛り込んでおり、その挑戦にTARGET(ターゲット)と一緒にこれから進むと、間違いなく最高の場所に立つことができるだろうと歌う。

タイトル曲「BABY COME BACK HOME」は、国内でも有名な海外の有名プロデューサーErik Lidbomとキム・チャンラク、キム・スビン作家が強力な感じを生かしてプロデュースし、「PRODUCE X 101」の振付家クォン・ジェスン団長が、洗練された振り付けと節制された動作を体現してターゲットだけの専売特許パフォーマンスを作って消化できる雰囲気を演出した。また、ミュージックビデオはジャニブロスのイ・サガン監督が演出を担当し、明るくて天真爛漫な青春の姿と節制したブラックとホワイトの群舞映像を通じて、ターゲットの多様な魅力をさらに活かした。

TARGETのニューシングル「BABY COME BACK HOME」は、スウェーデン作家のErik LidbomとAiming所属のキム・チャンラク作家が意気投合して作った曲で、オリエンタルなトラックにTrap要素を加味し、パワフルな曲に仕上げた。特にダイナミックなラップラインとオートチューンの調和が目立ち、リフレーンでメンバーたちの"Gangvox"がキーワードをより際立たせた。疲れきってさまよう青春たちに希望を失わず、自信を持って再び挑戦しようというメッセージも込められている曲だ。

記者 : Kstyle編集部