INFINITE エル、新事務所と専属契約?マネジメントイサン側が公式コメント「事実ではない」

OSEN |

写真=OSEN DB
マネジメントイサン側がINFINITEのエルとの専属契約に対し、公式コメントした。

19日、マネジメントイサンは、OSENに「INFINITEのエルと専属契約を締結したという報道は、事実ではない」と話した。

エルは同日午後、自身のInstagramに直筆手紙を残し、所属事務所Woollimエンターテインメントを離れ、独り立ちすると発表した。

エルは「たくさん悩んだ末、独り立ちを決めた。僕の人生で新たな挑戦が必要だと思い、これから新しい挑戦をしようと思っている」と話した。

Woollimエンターテインメントは「2019年8月18日を最後にエルと専属契約が終了した。長時間話し合い、慎重な議論を経て再契約は締結しないことにした」と明らかにした。

エルは2010年、INFINITEとしてデビューし、「Be Mine」「The Chaser」「PARADISE」「Destiny」「The Eye」などのヒット曲をリリースした。演技にも挑戦したエルは「仮面の王 イ・ソン」「ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~」「ただ、一つだけの愛」など様々なジャンルのドラマに出演し、俳優として強い印象を残した。

記者 : チャン・ウヨン