INFINITE エル、Woollimエンターテインメントと契約終了…インスタで心境告白「新たな挑戦を始める」(全文)

TVREPORT |

写真=Woollimエンターテインメント
INFINITEのエル(本名:キム・ミョンス)が、デビュー10年目で所属事務所Woollimエンターテインメントを離れる。エルは直筆手紙で新しい挑戦への意志を語った。

19日、エルは自身のInstagramに長文の直筆手紙を掲載した。エルは先週、所属事務所Woollimエンターテインメントとの契約が終了したと明かした。

また、Woollimエンターテインメントを離れて「新しい挑戦が必要」と話した。

エルは「多くの悩み、決心の末に難しい決定を下した。長い時間悩み、僕は独り立ちすることを決めた。人生で新しい挑戦が必要だと思い、これから始めようとしている」と語った。

エルは2010年にINFINITEのメンバーとしてデビューした。ビジュアルセンターとして注目を浴びたエルは、アイドルだけでなく俳優としての活動も並行した。着実にキャリアを積み重ねたエルは、最近韓国で放送終了したKBS 2TVドラマ「ただ、一つだけの愛」でラブコメドラマの主人公として遜色がないという評価を受けた。

「ただ、一つだけの愛」シン・ヘソン&INFINITE エル“2人のロマンスに期待して下さい”

INFINITE エル、ドラマの撮影現場を公開…天使のような甘い魅力

写真=エル Instagram

【エル Instagram直筆手紙全文】

こんにちは。キム・ミョンス、エルです。

久しぶりにこうして挨拶をするような気がしますが、残念なニュースを伝えることになって、まずはINSPIRIT(INFINITEのファン)に心からお詫び申し上げます。

そして、いつも温かい応援を送ってくれて感謝申し上げます。今お伝えしている話が、いつも僕に大きな愛を送ってくださるINSPIRITの皆さんにとって寂しいニュースになってしまうのではないかと、心が重く感じられます。

僕は先週を最後にWoollimエンターテインメントとの契約が終わりました。多くの悩みと決心の末に、難しい決定をすることになりました。長年悩んだ末、僕は独り立ちをしていくことにしました。僕の人生で新たな挑戦が必要だと思い、これから新たな挑戦を始めようと思います。

練習生時代からデビュー後、今まで10年を超える長い時間、Woollimエンターテインメントにいながら多くのことを感じ学び、成長することができました。時間が本当に早く過ぎたような気がします。

INFINITEとしてデビューして、INSPIRITと共にした時間はすべての瞬間が幸せな時間でした。そのすべての時間を共にした僕たちINFINITEのメンバーたち。メンバーたちがいたから、そのすべての瞬間が幸せだったし、いつも僕たちは一緒にいようという約束とありがとうという言葉をこの手紙を通して、もう一度伝えたいです。

デビューから今まで、INFINITEのメンバーたちとINSPIRITが僕にとってどれだけ大きな力になったか、言葉で説明するのは難しいですね。たとえ以前とは少し異なる形や方法で一緒にいることになっても、お互いを応援して共にするという信念だけは変わることがありません。

そして僕にとって忘れられない大切な幸せと時間を与えてくださったイ・ジュンヨプ代表とイ・ジヨン副社長、Woollimエンターテインメントの関係者の方々! 感謝の気持ちを胸に、応援してくださった分、もっと良い姿でお会いできるように頑張ります。

また、今後もINFINITEのメンバーたちと共に過ごしていくこともできるし、僕は必要なことがあれば、いつでもメンバーたちのために最善を尽くします。これまで僕を信じてくださって大変熱く大きな愛をくださったINSPIRITの皆さんに心から感謝しています。

最善を尽くして努力し、すぐに良い姿でお会いしに行きます。このように最後まで読んでいただきありがとうございます。キム・ミョンス

記者 : キム・イェナ