「メロが体質」アン・ジェホン、チョン・ウヒと元恋人イ・ユジンに嫉妬?

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チョン・ウヒと元カレのイ・ユジンが会話する様子を見たアン・ジェホンが知らんぷりをした。

韓国で昨日(17日)放送されたJTBC「メロが体質」では、イム・ジンジュ(チョン・ウヒ)がソン・ボムス(アン・ジェホン)と一夜を共にした後のぎこちなさにも関わらず、ランチを食べに行った。

しかし和気あいあいになりそうだった彼らの雰囲気に、イム・ジンジュの元恋人であるキム・ファンドン(イ・ユジン)が水を差した。ソン・ボムスが誰かと食事中だと知らなかったキム・ファンドンが同席することになったのだ。

気まずい食事を続けようとしていた時、ソン・ボムスは急な電話で席を離れた。結局テーブルには2人だけが残り、食事が終わったあと近くのベンチに座って話し合った。

ファンドンは「これ好きでしょう?」とアイスクリームを渡したが、ジンジュは「分かってるフリしないで。好きなフリしてただけだよ」と冷たく答えた。さらに「私は31種類を自分で選ぶのが好き」と話し、視聴者を爆笑させた。アイスクリーム話を皮切りに、第2戦を始めた。

口喧嘩していたファンドンが「7年も付き合っていたのに、礼儀は守って欲しい」と話すと、ジンジュは「私は7年のうち、5年はあまり良くなかったよ」とピシっと言った。「2年は良かったってことだね」とファンドンが答えると、ジンジュは負けずに「その2年はあなたが軍隊にいたでしょ」と答え、笑いを誘った。

2人のピリピリとした会話が行き来するなか、急な用務を終えたボムスがその場面を見てしまい、そのまま引き返してしまう。一緒に寝ることから始めたジンジュとボムスだが、まだ微妙な関係を維持しているため、これをきっかけに2人の関係がどう変化するかに注目が集まる。

ユニークな台詞で視聴者たちの心を掴んでいるJTBC金土ドラマ「メロが体質」は、毎週10時50分から韓国で放送される。

記者 : ホ・ソンチョル