NCT 127「MIDNIGHT SONIC」で圧倒的なパフォーマンスを披露“迫力すごい”と絶賛の声続々

KSTYLE |

写真=Satoshi Imamura
多様な国籍のメンバーで構成された韓国発のボーイズグループNCT 127が、8月16日23時スタートの真夜中のサマソニ「Spotify on Stage in MIDNIGHT SONIC」に出演し、深夜の幕張メッセに集った多くの音楽ファンを前に、圧巻のステージを見せた。

Spotifyと日本を代表する音楽フェスの1つ「SUMMER SONIC」がタッグを組んだ「Spotify on Stage in MIDNIGHT SONIC」は、今年が初の試み。国内・欧米のトップアーティスト、SEKAI NO OWARI、MGMT、R3HABらとともに「世界的に注目を集める、アジアからも躍進中のK-POPアーティスト」としてラブコールを受け出演したNCT 127は、午前3時頃よりMOUNTAINステージに登場した。

「K-POPアイドルってどんな感じ?」といった面持ちのオーディエンスをも引き込む、アーティスティックな呼び込み映像で一気に会場の世界観を塗り替え、1曲目を飾ったのはエッジィでアーバンなヒップホップナンバー「Cherry Bomb」だ。有り余るルックスの良さとパフォーマンススキルの本物っぷりをこれでもかと見せつけると、畳み掛けるようにコンセプチュアルな歌詞が印象的な「Chain」をドロップ。

写真=Satoshi Imamura
更にアメリカデビュー曲の「Regular」、ムーンバートン×ヒップホップサウンドがとことんダンサブルな「Fire Truck」と続けば、オーディエンスは世界レベルのサウンドにファンならずとも思わずリズムに乗りだし、ノリノリで踊りだしていた。

クライマックスは、ダンススキルをダメ押しで印象付ける超高難度フォーメーションダンスナンバー「Wakey-Wakey」から、米国“ビルボード200”チャート11位にランクインしたアルバムより表題曲の「Superhuman」へ。演出のバルーンと、フューチャーファンクに色付けされたエレクトロハウスが真夜中の幕張メッセに降り注ぐ多幸感に、会場のボルテージは最高潮に達した。

熱い盛り上がりに思わず、リーダーのテヨンは会心の笑みを見せ、ジェヒョンは「僕たちのパフォーマンスを初めて観た方も多いはずなのに、盛り上げてくれてありがとうございます!」とコメント。ユウタは「これからの僕たちの音楽、活動に注目してください」と真摯な言葉で語った。

写真=Satoshi Imamura
ダンス・ヴォーカル・ラップ、どれをとってもK-POPアーティストの中でも指折りの実力派と名高いNCT 127のパフォーマンスに、ステージ終了後のSNSでは「K-POPアーティストを初めて見たけど、迫力すごい!」「曲が良くてビビる」「顔面がすごかった」など、音楽ファンからの好意的なレスポンスが続出。

8月1日に日本オフィシャルファンクラブを開設し、9日23日には初の日本でのファンミーティングを控え、日本活動も加速させていく彼らに力強い追い風となったことだろう。

なおこの日のNCT 127のセットリストは、Spotifyにて公開中。NCT 127の今後の活躍と共に要チェックである。

写真=Satoshi Imamura
【PHOTO】NCT 127、日本でのスケジュールを終えて帰国…爽やかな雰囲気(動画あり)

NCT 127 ジョンウ、本日開催の「MIDNIGHT SONIC」への不参加を発表“健康上の理由”

■公演概要
「NCTzen 127-JAPAN 1st Meeting 2019 ‘Welcome To Our Playground'」
2019年9月23日(月・祝)
昼公演:開場14:00 / 開演15:00
夜公演:開場18:00 / 開演19:00

○会場
幕張メッセ国際展示場7ホール

○チケット料金
¥7,800(税込・手数料込み)

NCT日本オフィシャルサイト:https://nct-jp.net/

記者 : Kstyle編集部