東方神起、全国5大ドームツアーをLINEチケットで申し込み受付開始!日本デビュー15周年を迎えた“王者”の貫禄は必見

KSTYLE | |PR

東方神起がついに4度目の全国5大ドームツアーに挑む。そのチケットが、本日よりLINEチケット(https://lin.ee/aol5pVC/rjef)にて申し込み受付を開始した。

アジア各国、さらには欧米諸国まで巻き込んだその人気は不動、いまやK-POP界の“帝王”、“レジェンド”と呼ばれるほど王者の風格さえ漂う存在となったユンホとチャンミンによる東方神起。そんな彼らが、ついに日本デビュー15周年イヤーに突入した。

パワフルなダンスを踊る姿が目に浮かぶクールな「ミラーズ」(テレ朝系ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』主題歌)と、明るく爽やかなサマーソング「Hot Hot Hot」という対照的な2曲を収録したダブルAサイドシングルの発売で日本の夏を盛り上げた彼らは、ここから記念すべき15周年イヤーの幕開けとして、全国5大ドームツアー開催へと向かっていく。



東方神起のライブが日本で常に絶大なる人気を誇っていることは言うまでもない。昨年は、アーティストとして初となる神奈川・日産スタジアム3DAYSを大成功させるという偉業を成し遂げ、それに加えて全国アリーナ&ドームツアー33公演を大盛況で駆け抜けた結果、「2018年国内年間ライブ観客動員力ランキング」で1位を獲得するという輝かしい記録を叩き出した。

その模様を収録した「東方神起LIVE TOUR 2018 ~TOMORROW~」のDVD&Blu-rayでも、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得。これで、彼らは自身が持つ歴代海外アーティストのDVDチャート1位最多獲得記録を更新したことになる。



なぜ、東方神起のライブはそこまで人を惹きつけてやまないのか。最新鋭の特効を使い、様々なエンタテインメント要素を盛り込んで、ツアーごとに1本のショーを作り上げていく豪華なステージングは東方神起のライブの醍醐味のひとつ。そのショーなかで、ふたりは常にカリスマ性さえ感じるスターオーラを放ちながら、R&B、ヒップホップをベースにしたエッジーなダンス・ナンバーや歌唱力で聴かせる切ないバラードを恐ろしく完成度の高いスキルで次々と披露していく。

プロとしてはとことんストイックな部分を貫きながらも、ステージから客席近くに移動したときに見せる仕草や、ライブ中の飾らないトークから滲み出るふたりの人柄は、どこまでも誠実で温かく、謙虚。あの華やかでパーフェクトなパフォーマンスの裏に、彼らの真面目でひたむきな人間性が見え隠れするところも、彼らのライブが愛される所以といえる。

そんな東方神起の15周年イヤー、その幕開けとなるこのツアーは、ドームならではの迫力あるパフォーマンスに期待がかかる。ライブ開幕と同時に、会場中が彼らのテーマカラーであるレッドオーシャンに染まる日まであとわずか。30代に突入したふたりの成熟した大人の東方神起をお見逃しなく。

■公演概要
「東方神起 2019年 全国5大ドームツアー」

【日程・会場】
●2019年
11月9日(土) 福岡ヤフオク!ドーム 開場16:00/開演18:00
11月10日(日) 福岡ヤフオク!ドーム 開場14:00/開演16:00
11月19日(火) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
11月20日(水) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
11月21日(木) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
12月14日(土) 札幌ドーム 開場15:00/開演17:00
12月21日(土) 京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00
12月22日(日) 京セラドーム大阪 開場14:00/開演16:00

●2020年
1月11日(土) ナゴヤドーム 開場16:00/開演18:00
1月12日(日) ナゴヤドーム 開場14:00/開演16:00
1月13日(月・祝) ナゴヤドーム 開場14:00/開演16:00
1月17日(金) 京セラドーム大阪 開場16:30/開演18:30
1月18日(土) 京セラドーム大阪 開場14:00/開演16:00
1月19日(日) 京セラドーム大阪 開場14:00/開演16:00

※LINEチケットにて申し込み受付中
お申込みはこちらから⇒https://lin.ee/aol5pVC/rjef

■関連サイト
東方神起オフィシャルウェブサイト:https://toho-jp.net/

記者 : Kstyle編集部