「ミスター期間制」ユン・ギュンサン、チョン・ソクホの自殺に“彼は殺された”と主張

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=OCN「ミスター期間制」画面キャプチャー
「ミスター期間制」ユン・ギュンサンがチョン・ソクホの自殺に対して「殺害されたのだ」と主張した。

韓国で15日に放送されたOCN「ミスター期間制」でイ・テソク(チョン・ソクホ)のオフィスに潜入したキ・ムヒョク(ユン・ギュンサン)とパク・ウォンソク(イ・スンウォン)がイ・テソクの遺体を発見するシーンが描かれた。

続いてキ・ムヒョクは「違法行為がバレて不安を隠せられない。全ての罪を許してほしい。葬式を行わず、火葬してほしい」という内容の遺書を発見した。

金庫を開けたキ・ムヒョクとパク・ウォンソクは金庫に入っていた、接待を受けた人々のリストがなくなったことに気づき、キ・ムヒョクは「彼は自殺したわけじゃない。殺害されたのだ」と言い、緊張感を高めた。

記者 : キム・ミンジ