放送終了「レベルアップ」ソンフン&ハン・ボルム、2人の夢と愛の行方は?

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=Dramax、MBN「レベルアップ」放送画面キャプチャー
アン・ダンテ(ソンフン)とシン・ヨンファ(ハン・ボルム)がハッピーエンドを迎えた。

15日に韓国で放送されたDramax、MBNの水木ドラマ「レベルアップ」最終回でアン・ダンテは、ゲーム会社ジョイバスターを復活させることに成功、“再生率100%”の不敗神話をもう一度記録し、拍手喝采の中、代表から辞任した。またシン・ヨンファもジョイバスターの新しい代表に選ばれ、成功に向かう力強い一歩を踏み出し、希望のある結末となった。

血も涙もないポーカーフェイスの所有者であり、成功のためにデータにだけ依存するアン・ダンテの驚くべき変化は、静かな感動を与えた。会社を復活させるためにジョイバスターの企画チーム長シン・ヨンファと協力し始めたアン・ダンテは、自身とは正反対の性格である彼女と事あるごとに対立したが、この過程で彼女のように温かい人間味を持つようになり、互いについて恋愛感情まで感じるようになった。特にアン・ダンテが、戸籍上の弟であるカン・フン(ソン・サンヨン)を自身の家族として受け入れるようになる過程は、視聴者から好評を得た。

劇中、初の出会いから悪縁を続けてきたアン・ダンテとシン・ヨンファは、正反対の性格で、会う度に喧嘩するなど、激しい対決の構図を形成してきた。しかし様々な紆余曲折を一緒に乗り越え、次第に相手について知るようになった二人は、愛する関係に発展、いよいよ互いの心を確認する姿で視聴者に快感とときめきを与えた。

完璧な仕事ぶりを見せるエース本部長アン・ダンテ、ゲームに関しては水火も辞さないシン・ヨンファの好演は、視聴者にインパクトを与えた。それだけでなく、真心と最善を武器にする純情男クァク・ハンチョル(B1A4 バロ)、仕事も愛も前だけを見て進んで行く都会の女性ペ・ヤチェ(カン・ピョル)、お茶目な姿と真剣な姿を同時にアピールしたパク室長(god デニー・アン)など個性溢れる登場人物の活躍と多彩なケミストリー(相手との相性)も光を放ち、まるでゲームをしているような立体感を加えた。

このように「レベルアップ」は登場人物の夢と愛に向かう諦めない姿勢と緊張感によって手に汗握るロマンス、そして若者俳優たちの活躍まで加わり、夏の暑さをクールに吹き飛ばした。

記者 : イ・スンギル