THE BOYZ、4thミニアルバム「DREAMLIKE」ハイライトメドレー公開…多彩な6曲を収録

OSEN |

写真=CRACKERエンターテインメント
19日にカムバックするTHE BOYZが、ニューアルバムの一部を公開し、話題になっている。

THE BOYZは14日午前0時、公式YouTubeチャンネルなどを通じてタイトル曲「D.D.D」をはじめ、4thミニアルバム「DREAMLIKE」のハイライトメドレー映像を公開した。

同映像には先日公開された予告イメージを通じて公開されたTHE BOYZの眩しいビジュアルと共に、タイトル曲「D.D.D」をはじめ、全6曲の収録曲の一部が初めて公開され、ファンから大反響を呼んだ。

今回のアルバムは、イギリスのヒットプロデュースチームLDN Noise(ロンドンノイズ)をはじめ、天才ミュージシャンであるBazzi、EXOなどをプロデュースしたMZMCをはじめ、韓国の有名プロデューサー1of1、プロデュースチーム13のScore、Megatoneなど世界的に有名なプロデューサーが集結し、アルバムの完成度を高めた。また、ソヌとエリックはタイトル曲をはじめ、多数の作詞に参加し、THE BOYZの個性をより一層際立たせた。

タイトル曲「D.D.D」は、「DANCE DANCE DANCE」の略字で、清涼感溢れるムーンバートンのリズムをベースにしたポップダンスナンバーだ。この曲は「No Air」「Bloom Bloom」など、前回の活動で息を合わせたヒット作曲家Wonderkidがプロデュースし、グループのラッパーソヌが作詞に参加し、クセになるサビと強いサウンドでTHE BOYZならではのダイナミックな魅力を届ける。

この他にも爽やかな最初のトラック「Water」とリズミカルなメロディにグルーヴィーなラップが加わった「Complete Me」、真夏の夜の感性が輝く「SUMMER TIME」、若者たちの共感を呼ぶ癒しの楽曲「Going High」、感性的で魅惑的なポップジャンルの楽曲「Daydream」まで、夢幻的な“ドリームファンタジー”のストーリーが展開される6つのトラックがもう一度ファンの心を掴むとみられる。

THE BOYZの4thミニアルバム「DREAMLIKE」は19日午後6時、MelOnをはじめ、主要音楽配信サイトを通じて公開される。THE BOYZはカムバックコンテンツを順次公開すると共に毎週水曜日、米・ニューヨークを背景にしたウェブバラエティ「現れた!THE BOYZ in NY」を公開し、“イプドク(オタク入門)”を呼ぶ様々な魅力を披露している。

記者 : チ・ミンギョン