BLACKPINK、米「2019ティーン・チョイス・アワード」のチョイス・ソング・グループ部門で受賞!グローバルな人気を証明

TVREPORT |

写真=YG
BLACKPINKが「2019ティーン・チョイス・アワード」の“チョイス・ソング:グループ”部門を受賞する栄誉を手に入れた。

BLACKPINKは11日(現地時間)、米カリフォルニア・ロサンゼルスで開かれた「2019ティーン・チョイス・アワード(2019 Teen Choice Awards)」で「チョイス・ソング:グループ(Choice Song:Group)」部門トロフィーを獲得した。

BLACKPINKは「チョイスソンググループ」部門で一緒にノミネートされたイマジンドラゴンズ(Imagine Dragons)、ジョナス・ブラザーズ(Jonas Brothers)、パニック・アット・ザ・ディスコ(Panic! at the Disco)、ファイブ・セカンズ・オブ・サマー(5 Seconds Of Summer)、ホワイ・ドント・ウィー(Why Don't We)など、そうそうたるグローバルアーティストと競争し、最終受賞した。

「チョイス・ソング:グループ」の他にも「チョイス・インターナショナル・アーティスト(Choice International Artist)」「チョイス・サマー・ツアー」まで、合計4つの部門に候補として名を上げ、グローバル的な影響力を証明した。

このように意味のある足跡を残しているBLACKPINKは、8日にデビュー3周年を迎えた。当日、Twitterでは世界中のファンが記念日をお祝いし「#ThreeYearsWithBLACKPINK」というハッシュタグが世界トレンド1位となった。

BLACKPINKはデビュー3年でミュージックビデオ、音楽チャート、ワールドツアーなど様々な分野で頭角を現し、名実共にワールドクラスとなった。

「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオで「K-POPグループ初の再生回数9億回突破」という大記録を立て、「KILL THIS LOVE」ではアメリカビルボード「ホット100」と「ビルボード200」でそれぞれ41位と24位にランクイン、4週連続チャートインに成功した。さらにイギリスの「オフィシャル・シングル・チャート・トップ100(Official Singles Chart Top 100)」も5週連続でランクインし、K-POPガールズグループの新たな歴史を書いた。

また、BLACKPINKはデビュー後、初めてのワールドツアーを通しても抜群のチケットパワーを見せ付けた。4大陸23都市、32回公演で22回売り切れに成功し、平均座席占有率96.6%を達成した。

BLACKPINKは今月17日と18日、日本の大型フェスティバル「a-nation 2019」と「SUMMER SONIC 2019」ステージにあがる。10月16日には日本版アルバム「KILL THIS LOVE」を発表し、12月の東京ドームを皮切りに、来年1月に大阪京セラドーム、2月に福岡ヤフオク!ドームまで、日本の3つの都市で4回ドームツアーを開催する。

記者 : イ・ウイン