ジェジュン「極限面接」でリアルな身長を告白…希望年収も?“180cmは私の夢”

OSEN |

写真=「極限面接」放送画面キャプチャー
「極限面接」ジェジュンがククバン(料理番組)のプロデューサーになるために深層面接に挑戦した。

11日午後、PLAYLISTの各種公式チャンネルを通じて公開された新ウェブバラエティ番組「極限面接」1話では、ジェジュンがククバンのプロデューサーになるためにお笑い芸人イ・セジン、ユーチューバーのミニと深層面接を行った。

この日、デビュー15年目の芸能人ジェジュンは、初めての履歴書作成に緊張感を隠せなかった。志願分野はククバンプロデューサーで、彼は自分だけの特別さを強調するために写真を逆さまに張るなど、様々な努力をした。

また、ジェジュンは自分のコンプレックスとして顔を挙げ、「中途半端だ。個性はあると思う」と説明した。また、希望年収を6000万ウォン(約520万円)に書いたことに対しては、「この会社に入社できたら、新入社員の役割ばかりしたくはない。実は新入社員の年俸だけもらってもいいけど、(それ以上働くという)自分の意思を書いたのだ」と付け加えた。

その他にもジェジュンは、「自分の身長を騙してきた。178.6cmだが、プロフィールに180cmと書かれている。180cmは私の夢の身長だ」と打ち明け、「人生グラフは、デビューした時に上がって、大人気なかった時代に本当の幸せが何か分からなかった時に下がった。最もどん底だった時はそれに気づいた時だ」と過去を振り返った。

その後に行われた深層面接で彼は、好きな歌手として防弾少年団に言及し、さまざまな質問にも誠心誠意に答える様子を見せた。しかし、自分も意識しないうちに面接時にやってはならない“舌をぺろりと出す”行動をして罰点を受けた。

特にジェジュンは「本日午前にククバン撮影があったが、シェフの家が火事になり、他の方を起用しなければならなくなった。できるか?」という面接官の質問に、「一度やってみる」と誰かに電話をかけて、次回に好奇心をくすぐった。

ジェジュンは、放送の終盤に「再生回数が80万回を超えたら、私の証明写真と履歴書を送るそうだ。たくさんの視聴をお願いしたい」と伝え、ファンをドキドキさせた。

ジェジュン、美容資格を取得…19禁のメイク術も紹介?「唇に塗ってキスを…」

ジェジュン&ハム・ソウォンの夫ジン・ファ、イケメン兄弟!?楽屋でのツーショットを公開

記者 : キム・ナヒ