イ・ミンホ&キム・ゴウン主演新ドラマ「ザ・キング」来年SBSで放送確定…キム・ウンスク脚本家の新作

OSEN |

写真=OSEN DB
Hwa&DamピクチャーズとSTUDIO DRAGONは12日、2020年上半期の公開を控えているキム・ウンスク脚本家の新作「ザ・キング:永遠の君主」の放映プラットフォームをSBSに確定したと発表した。

最初の放映権販売契約をSBSと締結することになり、「ザ・キング:永遠の君主」はテレビチャンネルで解禁された後、Hwa&DamピクチャーズとSTUDIO DRAGONのコンテンツ流通戦略に従ってOTTなどさまざまなプラットフォームに順次公開される予定だ。

STUDIO DRAGONは、これに先立って「青い海の伝説」「黄金の私の人生」など、様々なドラマを地上波テレビ局に販売してきており、最近もMBC「春の夜」、SBS「医師ヨハン」を披露するなど、プラットフォームの多角化戦略に基づいて、競争力のあるコンテンツ制作会社として影響力を拡大している。

また、韓国のテレビチャンネルだけでなく、STUDIO DRAGONが制作するNetflixオリジナルドラマ「好きなら鳴る」なども準備中だ。単なる完成したコンテンツの販売から一歩進んだコラボで、今後STUDIO DRAGONの海外市場参入の橋頭堡になる見込みだ。

STUDIO DRAGONの関係者は「既存のテレビ局で制作費の一部を投資してドラマを作り、IP(知的財産権)を所有するのとは違って、STUDIO DRAGONは自社の事業能力でコンテンツを企画・制作し、テレビ局やOTTなど、プラットフォーム別に放映権を販売する戦略だ。オープンプラットフォームポリシーに従って、内部流通チャネルにとらわれず、コンテンツ別に最適のプラットフォームを選択して、ビジネスの成果を最大化する」と明らかにした。

「ザ・キング:永遠の君主」は、キム・ウンスク脚本家と「太陽の末裔」を手掛けたペク・サンフン監督が演出を務め、今まであまり取り扱われたことのなかった平行世界(パラレルワールド)を背景に、悪魔のささやきに立ち向かって次元の扉を閉めようとする理系型の大韓帝国の皇帝イ・ゴンと誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の刑事チョン・テウルが両世界を行き来しながら共助を通じて、時にはドキドキして、時には切ない、ファンタジーロマンスドラマだ。

「ザ・キング:永遠の君主」は、早くから男性主人公に俳優イ・ミンホ、女性主人公に女優キム・ゴウンのキャスティングを確定し、特にキム・ゴウンは大韓民国刑事チョン・テウルと大韓帝国で犯罪者として下っ端人生を生きていくルナというキャラクターで、一人二役に挑戦する予定だ。

記者 : カン・ソジョン