SF9、2度目の単独コンサートを成功裏に終了…負傷で参加できなかったインソンの登場にメンバーとファンが涙

Newsen |

写真=FNCエンターテインメント
SF9が多彩な見どころでファンを魅了し、2度目の単独コンサートを終えた。

SF9は8月10日、ソウル松坡(ソンパ)区オリンピック公園オリンピックホールで2度目の単独コンサート「2019 SF9 LIVE FANTASY#2 UNIXERSE」を開催した。約3000人の観客が集まった中、華やかなスーツを着て登場したSF9は、猛暑も吹き飛ばす自信や覇気で武装し、180分を飾った。

最近発表した7thミニアルバムのタイトル曲 「RPM」で華麗に公演の火ぶたを切ったSF9は、「Now or Never」「Fanfare」「O Sole Mio」「Enough」などの人気曲はもちろん、「Fall In Love」「Go Back In Time」「Midnight Road」「PHOTOGRAPH」など、好評を得ていた多彩な収録曲のステージで観客に楽しさをプレゼントした。

またソロステージでは、SF9の音楽の力量と今後の方向性を確認できた。ヨンビンの「Sic parvis magna」を皮切りに、ジュホの「CHAMPAIGN」、フィヨンの「目」など、ラッパーラインのメンバーたちは、これまで作業した未発売曲を新たに公開し、熱い歓声を受けた。特にテヤンとチャニはそれぞれジュホが作詞・作曲に参加した「TRUST」「運命論」の個性あふれる創作パフォーマンスを加え、SF9のカラーを鮮やかに示した。

ボーカルラインのメンバーたちのカバーステージも目を引いた。ダウォンはBille Eilishの「Bad Guy」を歌って爆発する才能を披露し、ジェユンはチョン・セウンの「My Ocean」、ロウンはSam Kimの「Sunny days, Summer nights」をそれぞれ熱唱し、温かい感性で会場を満たした。

SF9は「ペンライトを持って振ってくれる皆さんの姿が、宇宙の夜空を見ているかのようだった」「ファンの方々が僕達の誇りであることを忘れないでほしい」と話してFANTASY(ファンクラブ)に感謝の気持ちを伝えた。特に9月に韓国で放送予定のMBCドラマ「偶然発見した一日」の撮影で忙しく活動しているロウンは「僕ができる最善を常に尽くしているので、皆さんも同じ気持ちで応援してくれたら嬉しい。これからも皆さんとSF9の思い出を一つひとつ作っていこう」と率直な気持ちを伝えた。

アンコールでは、胸骨にひびが入る負傷により、コンサートに参加できなかったメンバーインソンがサプライズ登場し、会場を感動で染めた。インソンは、最後のアンコール曲で未公開の新曲である「BEAUTIFUL LIGHT」のステージ直前、メンバーたちにも知らせずステージに登場し、皆を驚かせた。インソンは「公演を準備するのに大変だった。共にすることができなくて残念だが、見たかったので内緒で来た。この瞬間が足場になって、お互いがお互いの思い出になってほしい」として感動させた。メンバーたちとファンは目頭を熱くし、ファンはインソンの名前を連呼しながら公演の最後を温かく飾った。

ソウル公演を成功裏に終えたSF9は、23日にインドネシア・ジャカルタ、25日にシンガポールで単独コンサート「UNIXERSE」を開催してファンに会う。「UNIXERSE」の他の開催地は、今後公開される予定である。

SF9 インソン、胸骨を負傷し病院へ…FNCがコンサート不参加を発表「治療に専念する」

SF9、日本5thシングル「RPM 」MVが本日公開…一糸乱れぬダンス&妖艶な雰囲気に注目

記者 : ファン・ヘジン