TWICE&ITZY、コンセプトはキュート vs クール!?JYPが生んだガールズグループ2組の魅力に迫る

TVREPORT |

ITZYのFacebook
JYPエンターテインメント(以下JYP)の新人ガールズグループITZYが、最近1stミニアルバム「IT'z ICY」でカムバックした。デビュー曲「違う違う」がヒットしたため、今回のタイトル曲「ICY」にも期待が集まった。

ITZYは2月にデビューシングル「IT'z Different」発売記念メディアショーケースで「ITZYだけの音楽のジャンルであるティーンクラッシュ(ティーンエイジャー+ガールクラッシュ)を作りたい。“モンスタールーキー”という修飾語を手にしたい」と大きな抱負を語った。

デビュー当時の望み通り、高い人気を得て今年最も注目される新人グループの1組に浮上したことはもちろん、TWICEと共にJYPの“ガールズグループの名家”というタイトルをキープさせているITZY。TWICEとITZYのメディアショーケースでは、「TWICEとITZYの違いは?」という質問が頻繁に出るほど2つのグループの違いや差別化について、世間の関心は高い。

同じくJYPに所属しているが、それぞれ異なる戦略をとっているTWICEとITZY。その違いを分析してみた。

写真=TVレポート DB

コンセプトは清純、キュート vs ティーンクラッシュ、ガールクラッシュ

TWICEとITZYの最も大きな違いとして挙げられるのは、コンセプトだ。

TWICEはデビュー曲「OOH-AHHに(優雅に)」以降、「CHEER UP」「TT」「What is Love?」などで愛らしい魅力をアピールしてきた。4月に「FANCY」で成熟した姿を披露したが、世間が主に記憶しているTWICEのコンセプトは清純さやキュートさであると思われる。

JYPの関係者は「TWICEはグループの成長について多く考え、悩むグループであり、ファンに満足してもらえるように努力している。今後も新しい試み、新しいコンセプトに引き続き挑戦していく」と伝えた。

一方、ITZYはティーンクラッシュを主なコンセプトとしている。愛らしさよりはクールさ、キュートさよりはメンバーそれぞれの個性が強調されている。「ICY」も「違う違う」と似ている路線であり、TWICEとは対照的だ。


テーマは恋を知りたい、手に入れたい少女 vs 自分を愛したい少女

歌のテーマや恋に対する姿勢も異なる。一言でまとめると、TWICEは「恋を知りたいと思い、恋を手に入れたい少女」であり、ITZYは「自分を愛したい少女」だ。

TWICEは「CHEER UP」「TT」「SIGNAL」「What is Love?」で相手に告白されたい気持ち、恋が何なのか知りたい気持ちなどを歌った。「Heart Shaker」「YES or YES」ではこれまでとは違って勇気を出し、恋に積極的な一面も見せた。

「FANCY」では「誰でも良いというわけではない」という歌詞でさらに積極的な姿勢をとったが、TWICEは主に愛されたい心、愛したい心を歌ってきた。

一方、ITZYは「自分を愛すること」が重要だ。「違う違う」で「恋などにこだわらない」「変える気などない」と歌っていた5人の少女は、その言葉を守った。「違う違う」に続き、「ICY」でも恋ではなく自身に集中した。

ITZYは「ICY」でパク・ジニョン代表の曲を歌った。パク・ジニョン代表がTWICEに提供した曲は、「SIGNAL」「What is Love?」などであり、恋に落ちた少女を歌っていたが、「ICY」は一見クールに見えても内面には情熱が溢れている姿を表現している。

JYPの関係者は「最近のトレンドは、『自分自身を愛そう』ではないかと思う。それに合わせた部分もある」とし、主体的で自身だけの個性を持つ人を理想とする今の時代の流れを反映したと明かした。

TWICE、7thミニアルバム「FANCY YOU」で全員がイメチェン!?“ターニングポイントになればと…”(総合)

ITZY、新曲でカムバック「パク・ジニョン代表が曲を作ってくださった…光栄で一生懸命準備しました」

記者 : キム・ミンジ