Vol.1 ―WINNER、日本でミニアルバムをリリース!レコーディング中のエピソードを公開「今回が一番難しくて…」

KSTYLE |

昨年、10月3日に発表した「EVERYD4Y」から約10ヶ月、WINNERがミニ・アルバム「WE」を8月7日に日本でリリースする。アルバムリリースを前に行われた合同取材では、メンバー同士の微笑ましいやり取りにたびたび取材陣の笑い声が起こった。インタビュー前編ではアルバムのタイトル「WE」とサブタイトル「We or never」に込められた想いについて語ってもらった。

【インタビュー】Vol.2 ―WINNER、日本でツアーを開催中!兵役を控えた心境を告白「毎回最後だと思ってステージへ…」

【PHOTO】WINNER、今回のツアーで泣いた理由?「ステージ上でファンの皆さんの声を聞いて…」

【動画&プレゼント】WINNERから動画インタビューが到着!最近ハマっている言葉は?「好きな人に言う…」

――前作から10ヶ月ぶりにミニ・アルバム「WE」が8月7日に発売になります。今回のアルバムのタイトルやサブタイトルの意味、アルバムに込めた思いなどをお聞かせください。

YOON:今まで僕たちがここまで来られたのは、僕たちだから可能だったという意味を込めて、アルバムのタイトル「WE」、そしてサブタイトル「We or never」とつけました。僕たちだったから今までのすべてが可能だったという意味を込めたかったんです。そしてその「WE」の中にはメンバーだけじゃなく、僕たちの音楽を聴いてくれるファンのみなさんがいなければもちろん不可能だったし、そして僕たちと一緒に仕事をしてくれるスタッフも含めて、僕たち全員が「WE」としてこれからも一緒に歩いて行こうという意味を込めて名付けました。

――リード曲「AH YEAH」はLINE MUSIC“ソングTOP100”ウィークリーチャート1位を獲得しました。アルバム全体の聞きどころ、本作を通して伝えたいメッセージは?

YOON:アルバム全体としてというより、今まで僕たちがあまり見せられなかったことを見せることに集中したアルバムです。リード曲は夏っぽいダンスチューンなんですけど、他の収録曲はいろんなジャンルの曲が入ったので、そこがまた注目ポイントです。7曲全曲まったく違うテイストで作ったアルバムです。「ZOO」もそうだし、「MOLA」もそうだし、「BOOM」もそうだし、今までのWINNERの曲の中ではなかったスタイルだと思って、そういう点に一番集中しました。

そしてウィークリーチャート1位は本当にうれしいです。今まで僕たちが努力してきたことの成果だと思っています。その結果をもらってすぐ日本でライブがあったので、その感謝の気持ちをすぐファンのみなさんのに伝えることができて、感動的な瞬間でした。

――レコーディング中のエピソードや、レコーディング中に意識したことは?

HOONY:今回レコーディングをしながら思ったんですけど、僕たちがはじめて日本語のアルバムをレコーディングした時、「発音は難しかったですか?」と聞かれても、「思ったより難しくなかったですよ。歌いやすかったです」って言ってたんですけど、今回は本当に難しかったです。歌詞をアレンジしてくれる人が、最初は簡単な単語だけを使って歌詞を書いてくれていたんですけど、それが(レコーディングを)やればやるほど難しくなって、今ではラッパーたちはちょっと無理かな、と思うくらい(笑)。今回は今までで一番難しかったです。

MINO:こんな感じははじめてでした。すごく共感するのは、ライブする時もレコーディングする時も、前は自信があったんですけど、今回はすごく難しかったです。

YOON:たぶん、僕が思うに、ラッパーたちの作詞能力が向上したから日本語でも難しい単語になっちゃったんだと思います。

MINO:その話をこれからしようと思ってたのに!

HOONY:でもそういう(自分を褒める)話は他のメンバーから言ってもらったほうがいいですね(笑)。


今回のツアーで泣いた理由は?「ファンの皆さんが…」

――ニューアルバムの中での推し曲を1曲ずつ挙げてください。

MINO:僕は「ZOO」という曲です。僕が作った曲なんですけど、それが理由ではなくて、ステージ上で僕たちも楽しめる曲だからです。パフォーマンスが面白いんですよ。ぜひ注目してほしいポイントです。曲作りは大変ではなかったんですけど、ダンスが難しいので、振り付けを覚えるのに時間がかかりました。恋愛に関する共感できる部分を面白い比喩で表現した歌詞で、男の寂しさや片想いがテーマになっています。

HOONY:僕は「MOLA」。WINNERのリード曲はいつも明るい曲で恋愛とか青春がテーマだったんですけど、この曲はセクシーなダンスと歌詞と雰囲気があって、今までのWINNERでは見せることのなかったパフォーマンスになっていると思うので、オススメしたいです。ライブでは、メンバー1人ずつ出方が違うんですよ。たとえばYOONくんは女性ダンサーさんと出てくるし、JINUさんは男性ダンサーさんたちと出てくるし、メンバーによって異なる魅力が出ているのも面白いです。

JINU:僕は「BOOM」です。「BOOM」はダンスが難しいんです。ライブする時、ちょっと無理って思うくらい(笑)。この曲が特にそうなんですけど、でもすごく魅力的です。

YOON:僕は全曲いいと思います! リード曲は今までのWINNERのように明るく、夏っぽい雰囲気なんですけど、歌詞は寂しい気持ちもあるというギャップがポイントです。「ZOO」はパフォーマンスがポイントですね。とにかく面白くて、僕たちもステージ上で楽しむことができる曲です。

「MOLA」は、WINNERはこれまであんまりダークな感じの曲はなかったので、ダークでセクシーなステージができる曲。今まで見せてこなかったWINNERの姿をお見せできる曲だと思います。「BOOM」は振り付けが本当に難しいです(笑)。ステージで踊る時、本当にBOOM! 今までの心を全部BOOM! する曲だと思います。とにかく全曲いいと思います!

――先に挙がらなかった「AH YEAH」と「MILLIONS」のMVについて見どころを教えてください。

HOONY:この2曲は韓国のスタジオでとりました。南楊州(ナムヤンジュ)という場所にスタジオがあるんですけど、そこは有名なアーティストの方々が撮影する場所として有名なんです。この2曲はそこで撮影しました。今まで僕たちが撮影したMVはどちらかというとディレクターさんの意見が大きかったとしたら、この2曲は僕たちひとりずつの歌詞の内容どおりにして、僕たちのアイディアがたくさん入っています。

「AH YEAH」のMINOくんのカニのポーズとか、僕がゲームしているシーンとか。メンバーそれぞれのアイディアが反映されているので、よりメンバーの個性が際立ったMVになったと思います。そしてYOONくんの映画館のシーンは、もともとはYOONくんのパートなんですけど、僕とMINOくんとJINUさんがYOONくんより目立ちたくて過剰に演技しています(笑)。JINUさんはメガネを前にかけて、僕もポップコーンを頭にかぶったりして、いろいろ変なことをしているんです。

YOON:僕のパートなんですけど、僕が全然見えないんです!(笑)

HOONY:普通の撮影は1倍速で撮りますが、このパートは2倍速で撮ったものを後からスローにしたら面白そうというYOONくんのアイディアで、監督と相談しながら撮影しました。

MINO:この映画館のシーンで一番面白いポイントはJINUさんのVRだと思います! MVを観る時はぜひそこに注目してほしいです。僕が一番好きな場面です。

JINU:僕もそうだと思います。

YOON:その通りです!

――ミニ・アルバム「WE」のリリースを記念してハイタッチも開催されます。ファンとの交流で心がけていることはありますか?

JINU:これまで日本でたくさんツアーをやってきましたが、最初の頃よりファンの方とのコミュニケーションが心から感じられるようになったと思います。それに、僕たちが一方的に何かをするのでなくて、ファンのみなさんも一緒にその場を作り上げているんだという気持ちが大きくなって、今まで以上にファンの方への感謝の気持ちが大きくなりましたし、もっとファンのみなさんを大切にしたいなと強く思うようになりました。

MINO:最近感じるのは、僕たちにも余裕ができて、そしてファンのみなさんとの関係が深まったこともあって、ステージの上でファンのみなさんの声を聞く時、僕たちの歌詞を歌ってくれる時、とても感動します。今回のツアーで泣いてしまったのは、そういう気持ちからです。

HOONY:ステージの上で、言いたいことが日本語にできない時、ファンのみなさんが教えてくれるんです。そういう瞬間はファンのみなさんとの交流を感じますね。たとえ僕たちが話せなくても、みなさんがすぐ教えてくれて、僕たちもみなさんが教えてくれる言葉をキャッチして、そういう時、ファンのみなさんと僕たちの付き合いもずいぶん長くなったなって、チームワークを感じます。

取材:尹秀姫

■リリース情報
日本ニューアルバム「WE」
2019年8月7日(水)発売

○CD+DVD+スマプラムービー&ミュージック
品番:AVCY-58916/B
価格:¥3,500(税抜)

○CD+スマプラミュージック
品番:AVCY-58917
価格:¥2,400(税抜)
初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

■イベント情報
日本ニューアルバム「WE」発売記念ハイタッチ会

【東京】
会場:竹芝ニューピアホール
日時:2019年12月7日(土)
第1部 開場 14:00~ / 開始 14:30~
第2部 開場 15:30~ / 開始 16:00~
第3部 開場 17:30~ / 開始 17:00~

【名古屋】
会場:日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
日時:2019年12月8日(日)
第1部 開場 14:00~ / 開始 14:30~
第2部 開場 15:30~ / 開始 16:00~
第3部 開場 17:30~ / 開始 17:00~

【大阪】
会場:堂島リバーフォーラム
日時:2019年12月14日(土)
第1部 開場 14:00~ / 開始 14:30~
第2部 開場 15:30~ / 開始 16:00~
第3部 開場 17:30~ / 開始 17:00~

【福岡】
会場:福岡タワー タワーホール1
日時:2019年12月15日(日)
第1部 開場 12:00~ / 開始 12:30~
第2部 開場 13:30~ / 開始 14:00~
第3部 開場 15:30~ / 開始 15:00~

○販売サイト
販売サイトURL:http://sp.mu-mo.net/shop/rr/winner_sp1908

○対象商品
日本ニューアルバム「WE」4形態同時購入セット
価格:¥8,000円(本体価格)+税
<セット内容>
CD only [YOON盤] 品番:AVC1-58918 価格:¥2,000(本体価格)+税
CD only [JINU盤] 品番:AVC1-58919 価格:¥2,000(本体価格)+税
CD only [MINO盤] 品番:AVC1-58920 価格:¥2,000(本体価格)+税
CD only [HOONY盤] 品番:AVC1-58921 価格:¥2,000(本体価格)+税

■ツアー情報
「WINNER JAPAN TOUR 2019」
2019年8月10日(土)オリンパスホール八王子 開場:17:00 / 開演:18:00※追加公演
2019年8月31日(土)静岡市民文化会館 大ホール 開場:17:00 / 開演:18:00※追加公演
2019年9月1日(日)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 開場:17:00 / 開演:18:00※追加公演
2019年9月14日(土)ロームシアター京都 メインホール 開場:17:00 / 開演:18:00※追加公演
2019年9月16日(月)マリンメッセ福岡 開場:13:00 / 開演:14:00

<チケット料金>
全席指定:¥10,000(税込)
※年齢制限:3歳以上よりチケット必要。3歳未満は入場不可。
※出演メンバーは予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。
※1回のお申し込みにつき6枚まで

■関連サイト
WINNER OFFICIAL HP:https://ygex.jp/winner/

記者 : Kstyle編集部