パク・ソジュン&アン・ソンギ&ウ・ドファン主演映画「使者」公開初週に観客数100万人突破!

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
映画「使者」が公開後、安定した興行成績を収めている。

本日(5日)、映画振興委員会統合ネットワークの集計によると、4日に映画「使者」(監督:キム・ジュファン、配給:ロッテエンターテインメント)は、20万5,121人の観客を動員した。

「使者」は公開初週に累積観客数116万7,576人の観客を呼び集め、映画「EXIT」に続きボックスオフィス2位を記録した。

「使者」は、キム・ジュファン監督と俳優パク・ソジュンが「青年警察」以来2年ぶりに再会した作品で期待を集めた。ベテラン俳優アン・ソンギと若手俳優ウ・ドファンまで加わって、新しい韓国型エクソシズムムービーを作ったという評価が続いている。

「使者」は、格闘技チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)がエクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会って、世界を混乱に陥れた強力な悪に対抗する物語を描いた映画だ。

記者 : シン・ソウォン