ジュンス、ミュージカル「エクスカリバー」公演終了…全席完売とスタンディングオベーションで大好評

Newsen |

写真=C-JeSエンターテインメント
ジュンスが4日、世宗(セジョン)文化会館大劇場を埋め尽くした観客たちの熱い歓呼と拍手喝采の中で「エクスカリバー」の最後の公演を盛況裏に終えた。

ジュンスは4年ぶりに創作ミュージカルの初演に挑戦し、話題を集めてヒットに成功し、ジュンスの価値を証明した。ミュージカル「エクスカリバー」でジュンスは、自身だけの熱い“アーサー”キャラクターを完成させた。王の運命を持って生まれたが、運命に揺れるアーサー役を務めて、爆発的な歌唱力と観客の心を鷲掴みにする感性、輝くカリスマ性まで、吸引力のある演技で好評を得た。また、激しい戦争アクションでも、完璧な剣術で大劇場の舞台を埋め尽くし、公演の完成度を高めた。

この日にあった最後の公演でジュンスは、エクスカリバーを抜いてキャメロット王国を建設しながら歌った第1幕の「記憶せよ、この夜」を熱唱し舞台を魅了。第2幕では父を恋しがって歌う「心の沈黙」を通じてアーサーの切々たる懐かしさを表現した。終盤で運命に順応して、王の道を歩むことにしたナンバー「王になるということ」は、アーサーの意志と闘志が観客に伝わり、重量感のある感動を与えた。

一段と進化したジュンスの舞台に、創作スタッフたちは賞賛を惜しまなかった。「モーツァルト!」「デスノート」「ドラキュラ」「エリザベート」など、初演ヒットの公式とされ、最高の呼吸を誇ってきた作曲家フランク・ワイルドホーンは「ジュンスは魔法のような存在、さまざまな感情で、子供から大人にまで成長する“アーサー”の姿を完璧に表現した」と絶賛し、アイヴァン・メンチェル作家もSNSを通じてジュンスの激しい情熱と限りない才能、爆発するエネルギー、注目すべき声、定義することができない俳優だ」と絶賛した。

毎回の作品や公演ごとに情熱を注ぐジュンスの舞台で共演した俳優たちの感心の声も続いた。“ランスロット”役で共演した俳優パク・ガンヒョンは「共演しながらも情熱を感じます。ある日は2回の公演がある日なのに、夜に公演がないか勘違いするほど情熱を注いで感心しました。やはりジュンスだと思います。同僚なら誰でもそう感じると思います」とし、モルガナ役のシン・ヨンスクも「2010年の『モーツァルト!』のデビュー作で共演しましたが、本当に上手でした。除隊してすぐに『エリザベート』をする時も、今回『エクスカリバー』をしながらも、もっと良い俳優になったなと改めて思っています。ジュンスは明日がないみたいに、いつも最善を尽くして演技と歌をします」とインタビューで明かした。

ジュンスの並外れた情熱に観客たちは世宗文化会館大劇場をいっぱいに埋めてこれに答えた。プレビューはもちろん、1次チケットオープンと同時にサーバーがダウンするなど、爆発的な関心に続き、最後のチケット販売までINTERPARK TICKET、MelOn TICKET全体の予約ランキング1位を記録し、公演芸術統合ネットワークでも7月の月予約ランキング1位を獲得し、興行パワーを証明した。また、全体の客席に比べて最も多い有料チケット販売を記録して、「モーツァルト!」「ドラキュラ」「エリザベート」に続き「エクスカリバー」まで、変わらないチケットパワーで創作初演興行の神話を続けていった。

最後の公演を終えたジュンスは、「作品ごとに最後の公演後には、様々な思いがありますが、今回の『エクスカリバー』は他の何よりも幸せな記憶でいっぱいです。今回の作品で共演したすべての俳優の方々に特に感謝を言いたいです。初演は両刃の剣みたいなもので、不安もあるし、プレッシャーになる部分も間違いなくありますが、この俳優のみなさんと一緒だったから、どんな心配もなく確信を持って舞台に上がることができました。そして、毎回熱い歓呼を送ってくださった観客の皆さん。新しい公演もいつも信じて、来てくださる観客の方々のおかげで、今日まで頑張って突っ走ることができました。除隊後に『エリザベート』から『エクスカリバー』までちゃんと終えることができるように、エネルギーを吹き込んくださった観客の皆さんには本当に感謝しています。このエンジンが止まらないように、もっと頑張ります」と思いを語った。

世宗文化会館大劇場全席完売で「エクスカリバー」の最後の公演を終えたジュンスは、しばらく休みながら、下半期の活動を準備する予定だ。



記者 : パク・アルム