東方神起 チャンミン、恵まれない子供たちのために約450万円を寄付「自分の夢を思い切り広げてほしい」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
東方神起のチャンミンが、多文化家庭の児童を助けるために5000万ウォン(約450万円)を寄付した。

児童擁護代表機関である緑の傘子ども財団(会長:イ・ジェフン)は、チャンミンが韓国の多文化家庭の子供たちを助けるために、5000万ウォン寄付したと29日、明らかにした。チャンミンが寄付した後援金は、緑の傘子ども財団を通じて多文化家庭の児童50人の学習費として支援される予定だ。

チャンミンは「多文化家庭の子供たちのために意味ある贈り物を届けたかった」とし「経済的、社会的与件と関係なく、子供たちに教育の機会を提供して、一歩進んで自分の夢を思い切り広げることができれば嬉しい」と、寄付した理由を明らかにした。

緑の傘子ども財団のイ・ジェフン会長は「韓国社会の疏外された児童たちを忘れず、休むことなく分かち合いを実践してくださった後援者のチャンミンさんに感謝のあいさつを伝える」とし「寄付してくださった後援金を通じて、多文化家庭の子供たちが元気な社会構成員として育つように大切に使う」と伝えた。

一方、緑の傘子ども財団の1億ウォン(約9000万円)以上の高額寄付者の集まり“グリーンノーブルクラブ”のメンバーであるチャンミンは、2017年11月に浦項(ポハン)地震の被害該当地域の低所得家庭の児童たちのために4500万ウォン(約400万円)を寄付し、昨年5月の子供の日を迎えて入院中の子供たちを助けるために5500万ウォン(約490万円)を支援、年末には寒さで苦しむ児童たちのために追加で5000万ウォンを寄付するなど、財団とともに持続的な寄付活動を繰り広げて、分かち合い文化の拡散に率先している。

記者 : ホ・ソルヒ