TWICE、初の米州ツアーが大好評…現地メディアから大きな関心「K-POPスターのプライドを見せつけた」

TVREPORT |

写真=JYP by Jenny Hwang, Tracy Awino
TWICEの初の米州ツアーが現地メディアの好評を受けた。

23日、JYPエンターテインメントは「21日、TWICEのニューヨーク公演開催後、ハリウッドリポーター、ビルボード、MTVなど現地メディアが公演を好評した。TWICEのアメリカ上陸に大きな関心を見せている」と明かした。

JYPエンターテインメントによると、ハリウッドリポーターは「K-POPファンがソウルのスーパースターTWICEに会うためにニュージャージー・プルデンシャルセンターに集まった」と熱い雰囲気を報じた。

健康上の理由でツアーに参加していないミナへのメンバーたちの愛情、ファンの熱い支持について、ペンライトの“キャンディー棒”がミナを象徴する色であるミント色に変わる会場の雰囲気を例として挙げ、深い関心を見せた。

また「2年前のKCONでここを訪れ、また戻ってきて嬉しい」「このステージに立てるようにしてくれたファンに感謝している。また絶対に戻ってくる」というメンバーたちの感想、誓いも紹介した。

ビルボードは「2015年にデビューし、600万枚以上のアルバムを販売したが、ほとんどアジアツアーに集中してきたTWICEが今回のワールドツアーで北アメリカに進出した。ニューヨーク・プルデンシャルセンター公演前に、LAとメキシコを熱狂させた」と伝えた。

また「公演中、ダイナミックで感性溢れる多彩な色で全世界のファンを虜にした様々な魅力をアピールした」と好評した。

メンバーたちのユニットステージを紹介したのはもちろん、ミナの不在を寂しく思ってキャンディー棒をミナのミント色に変えるファンの姿は「TWICEのファンとの絆を証明している」と意味を与えた。

MTVは「K-POPスターのTWICEが、初の米州ツアーで豊かな色、自信、(K-POPスターとしての)プライドを見せつけた。約3時間の公演でTWICEは黒、白、赤、青、パープル、ピンクなど多彩な色でヒット曲を届けた」と報じた。

「TWICEの本当の力は、『After Moon』を披露したバラードステージで証明された。メンバーたちはミナの色であるミント色のペンライトの中で歌を歌い、ジヒョは『ミナに会いたい』と涙を流した」と会場の雰囲気も伝えた。

TWICEは23日のシカゴ公演を最後に米州ツアーを終える。8月17日のクアラルンプール公演後、10月23日の北海道公演を皮切りに日本7都市、12回規模のアリーナツアーで2019年のワールドツアーの熱気を続けていく。

記者 : キム・ミンジ