EXO-SC、1stミニアルバム「What a life」発売記念ショーケース開催“イ・スマン代表やメンバーたちの応援に感謝”

MYDAILY |

マイデイリー DB
EXOの新ユニットEXO-SC(セフン&チャンヨル)が第一歩を踏み出した。EXOとは差別化された自身たちだけの個性で活動を開始した。

EXO-SCは22日午後、ソウル麻浦(マポ)区西橋洞(ソギョドン)MOVEホールにて、1stミニアルバム「What a life」発売記念ショーケースを開催した。EXOのスホがMCとして参加した。

今回のアルバムには、明るくてポジティブなエネルギーを盛り込んだ「What a life」、夏とよく似合うクールなメロディーの「Just us 2」、感性的な雰囲気が感じられる「Closer to you」のトリプルタイトル曲などが収録されている。

チャンヨルは、「実は僕はメンバー間のケミストリー(相手との相性)が誰といても良いと思うが、セフンといるときの姿が個人的に良いと感じた」とし、「デビュー前からセフンの声を聞きながら、特色、魅力があると思っていた。最終的にユニットを組むことができて嬉しい。早くより多くの人々に知ってもらいたい」と、ユニット結成の感想を伝えた。

セフンもまた、「良いチャンスができて、一緒に活動することになり光栄だった。軽く準備したのではない。僕らの準備過程で、本当に多く気を配った。多くの方々が僕たちのアルバム収録曲を聴いて、癒されて幸せに感じてもらえたら嬉しい」と語った。

続いてチャンヨルは、タイトル曲の1つである「What a life」について、「僕らの話でもある。(Dynamic Duoの)GAEKO兄さんとも多く話を交わして、曲がすぐ誕生した。僕たちの理想郷が盛り込まれていたりもする」とし、「遊ぶのも懸命に遊んで、仕事も懸命にするという、ポジティブで楽観的なエネルギーを見せたかった」と説明した。

セフンは、「イ・スマン先生が『What a life』の歌詞がとても良いと言ってくださった。とてもおもしろくて、僕たちによく似合うと。SMでこのような曲はなかった、初めてのようだと言っていた」と、所属事務所SMエンターテインメントのイ・スマン代表からのコメントについて語った。

特にチャンヨルは、今回のアルバムに自作曲を収録して、アーティストとしての成長も披露した。彼は「『Roller coaster』は、僕が属している新鋭プロデュースチームのStudio 519で正式に披露する曲だ。トラックの基礎から仕上げまで、一生懸命作った。全体的にトレンディーなヒップホップ曲を作りたいと思っていて、実験的な挑戦をたくさんした」と過程について述べた。

彼は「サウンド的に多く満たされていると思う。GAEKO兄さんがメロディーラインも一緒に作ってくれて、それと共に誕生した曲だ。個人的に最も愛着が湧いて、僕の心を盛り込んだ曲」と自身の曲を説明した。

続いて別の自作曲である「Daydreamin'」について、「本当にすぐに作業した曲だ。個人的には後半に出てくるストリングパートがポイントではないかと思う。心が楽になる。夢の中で誰かに会って、目覚めたときのおぼろげな感じを込めたかった」と付け加えた。

セフンもトラックのほとんどの作詞に乗り出した。彼は収録曲「Boderline」について、「友達との曖昧な関係を“線”に喩えた。この歌が個人的に本当に好きだ。この歌を初めて聴いたとき、このような歌詞を書きたいと思った」と話した。

EXOのメンバーたちも、惜しみなく応援したという。セフンは「メンバーたちの嫉妬はなかった。歌を聴いて、良いと、頑張れと言ってくれた。コンサートが終わって、カイ兄さんが僕らのミュージックビデオを見て、SNSにリアクションライブをしたと言っていた。こうやって応援してくれる姿を見て、メンバーだけしかいないなと思った」と語った。

チャンヨルは、今後のユニットの様々な活動について言及し、「多様な姿を披露したい。音楽以外のことも見せられるものが多いと思う。ファッションやパフォーマンスなどを披露したい。これから多くの姿をお見せしたい」と付け加えた。

EXO チャンヨル、セフンとのユニットに感激「練習生の時から彼の声が好き…EXO-SCを結成できて嬉しい」

【PHOTO】EXO-SC、1stミニアルバム「What a life」発売記念ショーケース開催…MCとしてスホも登場

記者 : ミョン・ヒスク、写真 : ハン・ヒョクスン