パク・シフ&Highlight イ・ギグァン、舞台裏は爆笑必至!?「ラブリー・スター・ラブリー」メイキング映像を公開

KSTYLE | |PR



「黄金の私の人生」パク・シフと「宮(クン)~Love in Palace」ソン・ジヒョ主演、強運トップスターと落ちこぼれ脚本家が繰り広げるラブコメディ「ラブリー・スター・ラブリー」のDVDが8月2日(金)に発売&レンタル開始となる。このたびリリースを記念して、SET1のメイキング映像よりパク・シフ&イ・ギグァンの爆笑を招く舞台裏が公開された。

ソン・ジヒョ演じるウルスンが、暴漢に襲われている女性を助けているところにパク・シフ演じるフィリップが現れるシーンのメイキング。トップスターであるがゆえ、顔がバレないようにビニール袋を被って助けようとするフィリップ。ソン・ジヒョが必死にアクションをしている横で、パク・シフがビニール袋を被って出てくるものの、袋が大きすぎておマヌケな姿に共演者、スタッフが笑ってしまいやり直しに。

(C) 2018 KBS. All rights reserved
あらためてアクションシーンからの流れで、ソン・ジヒョがパク・シフにしがみつきながら助けを求めている間にビニール袋を被ろうとするものの、サイズが小さくなったためか今度はすんなり被ることができず、「早く被ってよ」とソン・ジヒョから一言。あまりのモタモタぶりに、スタッフもくすくす笑う始末に。一連の流れを一度に撮るのは難しいと思ったのか、パク・シフは「どうせ別で撮るでしょ?」とスタッフに同意を求め、分けて撮影することに決定した。

そして、覆面のように細工したビニール袋を被ったパク・シフとソン・ジヒョが撮影を再開! 演技の途中、納得いかなかったのかパク・シフが「もう一回と」撮り直しをお願いすると、スタッフからの「最初から?」との声に慌てて「いいえ結構です」というパク・シフに、ソン・ジヒョもスタッフも爆笑。撮影現場の様子だけでも面白いが、ドラマ本編でも爆笑必至のシーンに仕上がっている。

(C) 2018 KBS. All rights reserved
また、雨に濡れるソン・ジヒョにソンジュン役のHighlight イ・ギグァンが傘を差しだすシーンは、映画 「オオカミの誘惑」の名場面であるカン・ドンウォンの傘シーンがモチーフになっている。イ・ギグァンは、傘を上げてからの甘い笑顔の演技が照れくさいのか、ため息をつきながら「困ったな。死にそうだよ」と弱音を吐く。リハーサルでぎこちない笑顔を見せるとスタッフもソン・ジヒョも笑ってしまい、イ・ギグァンが「笑わないで」と懇願するシーンも。

爆笑必至の姿のパク・シフ&甘い笑顔のイ・ギグァンは、ぜひドラマ本編で確認してほしい。

(C) 2018 KBS. All rights reserved

「ラブリー・スター・ラブリー」リリース情報

2019年8月2日(金)発売
●DVD SET1
GNBF-5284 ¥16,200+税/DVD5枚+お試しBD1枚
●Blu-ray SET1
GNXF-2450 ¥18,200+税/BD2枚+特典映像DVD1枚

<DVD&Blu-ray共通>
第1話~第8話収録/本編 約480分+特典映像約176分
アウターケース付き/封入特典:ブックレット Part1(12P)/特典映像:メイキング(予定)

2019年9月3日(火)発売
●DVD SET2
GNBF-5285 ¥16,200+税/DVD5枚+お試しBD1枚
●Blu-ray SET2
GNXF-2451 ¥18,200+税/BD2枚+特典映像DVD1枚

<DVD&Blu-ray共通>
第9話~第16話(最終話)収録/本編約480分+特典映像約181分
アウターケース付き/封入特典:ブックレット Part2(12P)/特典映像:メイキング(予定)

※レンタルDVDリリース
2019/8/2(金)Vol.1-5
2019/9/3(火)Vol.6-9
2019/10/2(水)Vol.10-13
2019/11/2(土)Vol.14-16

<セル・レンタルDVD共通仕様>
16:9 HD サイズ/カラー/リージョン:2/音声:韓国語 2ch ステレオ ドルビーデジタル/字幕:日本語/片面 2 層

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2018 KBS. All rights reserved
※商品デザイン/組枚数/仕様は変更になる可能性がございます。

原題:ラブリー・ホラブリー
製作:2018年/韓国/KBS/
韓国放送:2018年8月13日~10月1日

※8月2日(金)よりU-NEXTにて独占先行配信開始

公式サイト:http://kandera.jp/sp/lovelystar/

記者 : Kstyle編集部