EXO ベクヒョン「音楽中心」で1位獲得し2冠達成!PENTAGONらのカムバックステージも

OSEN |

写真=MBC「ショー 音楽中心」放送画面キャプチャー
「ショー 音楽中心」でEXOのベクヒョンが音楽番組2冠王となった。

20日午後に韓国で放送されたMBC「ショー 音楽中心」では、ベクヒョンが7月3週目の1位になった。

1位のトロフィーを獲得したベクヒョンは、これに先立ちKBS 2TV「ミュージックバンク」でソロで始めて1位を獲得したことに続き、2つ目のトロフィーを追加し、2冠王となった。

NORAZOは新曲「Shower」でカムバックステージを披露した。「CIDER」以来、1年ぶりに発表する新曲で、異国的な雰囲気と病みつきになるサビのメロディーが、NORAZOだけの愉快な魅力を表現した。

PENTAGONは新曲「接近禁止」で清涼な夏の魅力を表現した。ウィットあふれるヒップホップジャンルの曲で、誰かのことがとても好きだが、逆に好きじゃないふりをしていた子供のころの話をシンプルでリズム感のあるメロディーで描いた。

DAY6は新曲「1ページになれるように」のステージを披露した。縁の始まりで伝えたい気持ちを清涼かつパワフルなサウンドで表現した。

KNKは新曲「SUNSET」のステージでカムバックした。一目惚れした恋から抜け出せない男の気持ちを表現した。従来の音楽スタイルから抜け出して変化を盛り込んだだけに、より成長した姿が視線を引きつけた。

他にもこの日の「音楽中心」にはWanna One出身ハ・ソンウン、I.O.I出身キム・チョンハ、SF9、(G)I-DLE、fromis_9、ATEEZ、Saturday、NATURE、1TEAM、W24、Whiteday、LIMITLESS、ARRANなどが出演した。

記者 : チャン・ウヨン