NCT 127、自身初の超ロングワールドツアー完走!K-POP男性アーティスト最多の11都市公演で北米での人気を証明

KSTYLE |

NCT 127が20日のシンガポール公演をもって、自身初のワールドツアー「NCT 127 NEO CITY – The Origin」を完走した。

今年1月26日のソウル公演を皮切りに、全10ヶ国26都市37公演をめぐった超ロングワールドツアーは、NCT 127の世界的なブレイクへの大きな足がかりとなった。

特に注目すべきはK-POP男性アーティスト最多の11都市公演を通して得た、北米での人気だろう。

アメリカの地上波ABCの人気番組「Good Morning America」と「Strahan and Sara」、アメリカ最大のラジオプラットフォームiHeartRadioが主催する大型コンサート「Summer Kick Off Concert」と「WAZZMATAZZ」などに次々と出演を決定し、アメリカ全土での人気を着実に獲得。

それを裏付けるように、5月末にリリースされたミニアルバム「NCT#127 WE ARE SUPERHUMAN」は、iTunes総合アルバムチャートにてアメリカ、日本、メキシコ、ブラジル、チリ、ペルー、ギリシャ、ロシア、インドネシア、香港、ベトナム、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、アラブ首長国連邦、インド、ブルネイ、カザフスタン、バーレーン、モーリシャス、レバノン、キルギス、サウジアラビア、ベラルーシの全世界25地域で1位にランクインし、米ビルボード最大のメインチャートである「ビルボード200」では11位の快挙を達成。世界中の音楽ファンの高い関心を実感させた。

さらには7月3日にアメリカンポップの新星エイバ・マックスのヒット曲「SO AM I」にフィーチャリングで参加した作品をリリースするなど、NCT 127の勢力的な世界展開はとどまるところを知らない。

世界中を熱狂させたNCT 127の初ワールドツアーは、日本公演(さいたまスーパーアリーナ最終日の模様を収録)のみ映像化されており好評発売中。彼らの「初」の姿を、是非その目に焼き付けてほしい。

記者 : Kstyle編集部