チョ・ヨジョン&チュ・ジフン「第24回春史映画祭」で男女主演賞を受賞…「パラサイト 半地下の家族」は4冠王を達成

MYDAILY |

チョ・ヨジョンとチュ・ジフンが「第24回春史(チュンサ)映画祭」で男女主演賞を受賞した。

18日の午後、ソウル三成洞(サムスンドン) のCOEX AUDITORIUMでは「第24回春史映画祭」が開催された。MCは神話(SHINHWA)ドンワンとイ・テリが務めた。

「春史映画祭」は、春史ナ・ウンギュ監督の映画に対する情熱と人生に対する闘魂を称えるために開催された受賞式だ。そして春史ナ・ウンギュ監督の映画と人生に対する精神を基に、韓国映画の風土を新たに造成することを目標にする。

特に今年、韓国映画100周年を記念する「第24回春史映画祭」は、春史ナ・ウンギュ監督が作った韓国映画の歴史と伝統を基に韓国監督たちの名誉をかけて、審査の公正性に万全を期した。

審査は映画評論家5人(キム・ジョンウォン、キム・ヒョンソク、ナム・ドンチョル、ソ・ゴッスク、ヤン・ギョンミ)が「第24回春史映画祭」の候補作選定委員会を構成、受賞作品の候補たちを選定し、監督だけで構成された「第24回春史映画祭」の審査委員会が選定された作品たちの中で受賞作を最終決定する方式で行われる。

このような厳正な審査を通じて決定されたグランプリである最優秀監督賞、脚本賞、技術賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、新人男優賞、新人女優賞、審査委員特別賞である新人監督賞など10分野の本賞と特別賞を授賞する。

この日、チョ・ヨジョンは映画「パラサイト 半地下の家族」で主演女優賞を受賞した。特にこれは1997年にデビューして以来、23年で初めて主演女優賞を受賞したことで注目を集めた。

彼女は「私が主演女優賞を受賞する資格があるのかなと思います。すでに映画現場で尊敬する先輩たちと一緒に過ごしただけでも光栄なのに、このように大きな賞を受賞することができ嬉しいです。それに韓国映画100周年を迎えた今年に、主演女優賞をいただきありがたいです」と感想を伝えた。

続いてチョ・ヨジョンは「演技はすればするほど多くの方々の助けが必要な職業だと感じます。この映画でもソン・ガンホ先輩をはじめ愛する俳優の先輩方に助けていただきました。そしてこのように魅力的なキャラクターを与えてくださったポン・ジュノ監督にも感謝します。これからどういう風に演技すれば良いのか分からない時には、この場に出席した先輩の方々を思い出して素晴らしい演技ができるよう努力します」と伝えた。

主演男優賞はチュ・ジフンが受賞した。昨年映画「暗数殺人」で「第5回韓国映画制作家協会賞」で主演男優賞を受賞して以来、2冠王を達成したのだ。

彼は「キム・テギュン監督、キム・ユンソク先輩に心から感謝します。『暗数殺人』でこのように大きな賞を受賞し、監督との初めての出会いを思い出します。僕にできるのかと悩んでいる時、私を激励してくれた監督の姿……本当に最善を尽くしました」と話した。
続いてチュ・ジフンは「今後も皆さんと一緒に楽しみたいです」と付け加えた。

「暗数殺人」のキム・テギュン監督は、新人監督賞を受賞した。彼は「尊敬する先生、クァク・キョンテク監督に感謝します。今後も覇気を持って、勇気を出して新人の心構えでよい作品を作ります」と話した。

映画「パラサイト 半地下の家族」はチョ・ヨジョンの主演女優賞をはじめ監督賞、脚本賞、助演女優賞まで4冠王を記録した。

ポン・ジュノ監督は「大変光栄です。監督たちは共にする俳優たち、スタッフたちがいないと現場でワンシーンも撮ることができないです。この場を借りて心から感謝していると伝えたいです」と話した。

続いて彼は「カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞してから参加した記者会見で、このように話しました。私がある日、突然現れて受賞したのではなく、ここ100年間多くの韓国の監督の方々が存在したので(賞を受賞することが)可能だったということを全世界の記者たちに説明しました。当時、言及した監督の方々が、実際に私の目の前にいらっしゃいます」と伝えた。

助演女優賞を受賞したイ・ジョンウンは「私が春史映画祭に出席すると伝えると、母さんが成功したねと言いました。いつの間にか50代になって、人生に対して欲を捨てたらこのようにチャンスが訪れました。もっと一生懸命に、大きな欲は持たずに作品に集中します」と伝えた。

彼女は「私の永遠のパートナーであるパク・ミョンフンに感謝します。そしてイ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、ソン・ガンホ、パク・ソダム、チェ・ウシク、子役たちにも感謝します。いつも『ジョンウンさん、声がとてもいいです』と話してくれたポン・ジュノ監督にも感謝します」と伝えた。

一生に一度しかもらえない新人賞は「エクストリーム・ジョブ」の5urprise コンミョン、「罪深き少女」のチョン・ヨビン、「リトル・フォレスト」のチン・ギジュが受賞した。

男優新人賞のコンミョンは「先輩の方々の前でこのように賞をもらうことになって恥ずかしいです。僕が今年でデビューして7年目なのですが、初めていただく賞です。招待していただいただけでもありがたいのに、賞までいただき感謝します」と感想を伝えた。

続いて彼は「『エクストリーム・ジョブ』で人気を受けましたが、制作会社の代表、イ・ビョンホン監督、そしてリュ・スンリョン、イ・ハニ、チン・ソンギュ、イ・ドンフィ先輩にも感謝します。一緒に参加することはできませんでしたが、いつも僕の心の中にいます。いつでもどこでも先輩たちのことを思いながら頑張ります」と伝えた。

共同女優新人賞を受賞したチョン・ヨビンは「『罪深き少女』の撮影は、この作業が最後になっていいと思うほど充実して熱い時間でした。もし私が作品の中で輝く瞬間があったとしたら、それは一緒に頑張ってきたスタッフの方々、俳優の方々、キム・ウィソク監督のおかげです」と伝えた。

続いてチン・ギジュは「『リトル・フォレスト』は私が怖がっている時、世の中に公開された映画です。私にとって実際に慰めになり、力になってくれた作品です。私に大きな勇気を与え、小さい森が何なのかを教えてくれました」と話した。

彼女は「このトロフィーが物理的にも心理的にも重いですが、心から感謝し、光栄に思っています」と付け加えた。

特別人気賞は「ガールカプス」のイ・ソンギョンと「安市城」のオム・テグが受賞した。
まずイ・ソンギョンは「大変光栄です。映画祭の初出席であり、映画としては初めていただく賞です。人気賞も初めてで、このように特別な賞をいただくことができ感謝します。『ガールカプス』を代表していただく賞だと思います。この映画をたくさん愛していただきありがたいです」と伝えた。

オム・テグは「今後『もっと頑張って良い姿を見せて』という意味でもらったと思います。最善を尽くします」と感想を伝えた。


【『第24回春史映画祭』受賞者(作)リスト】

◆最優秀監督賞:ポン・ジュノ(「パラサイト 半地下の家族」)

◆新人監督賞:キム・テギュン(「暗数殺人」)

◆脚本賞:ポン・ジュノ&ハン・ジンウォン(「パラサイト 半地下の家族」)

◆技術賞:ピ・デソン(「王宮の夜鬼」特殊扮装)

◆主演女優賞:チョ・ヨジョン(「パラサイト 半地下の家族」)

◆主演男優賞:チュ・ジフン(「暗数殺人」)

◆助演女優賞:イ・ジョンウン(「パラサイト 半地下の家族」)

◆助演男優賞:スティーヴン・ユァン(「バーニング 」)

◆新人女優賞:チョン・ヨビン (「罪深き少女」) / チン・ギジュ(「リトル・フォレスト」)

◆新人男優賞:コンミョン(「エクストリーム・ジョブ」)

◆特別人気賞:イ・ソンギョン(「ガールカプス」)/ オム・テグ(「安市城」)

◆特別作品賞:「原罪」(ムン・シング監督)

◆アジアンアワード俳優賞:中国俳優リーイーシャオ(李依晓) / マレーシア俳優Dato"f Sri Eizlan bin Md Yusof

◆アジアンアワード監督賞:中国監督ボーニン

◆アジアンアワードドキュメンタリー部門:「A long way around」(イ・スンヒョン監督)

◆功労賞:チョン・ジヌ監督

◆観客が選んだ最高人気映画賞:「エクストリーム・ジョブ」

記者 : キム・ナラ、写真 : ソン・イルソプ