パク・ソジュン&キム・ダミ&ユ・ジェミョン、新ドラマ「梨泰院クラス」への出演が決定…3人の共演に期待

TVREPORT |

写真=Awesome ENT、&Uエンターテインメント、ACE FACTORY
「梨泰院クラス」がパク・ソジュン、キム・ダミ、ユ・ジェミョンの出演確定で完璧なラインナップを完成させた。

JTBC新金土ドラマ「梨泰院クラス」にパク・ソジュン、キム・ダミ、ユ・ジェミョンが出演を確定した。ポータルサイトDaumの同名ウェブ漫画を原作とする「梨泰院クラス」は不合理な世界、固執と血気が溢れる若者たちの“ヒップな”反乱を描いた作品。世界を圧縮したような梨泰院の小さな街でそれぞれの価値観で自由を追う彼らの神話が繰り広げられる。

「梨泰院クラス」が特に期待を集めている理由は、原作を書いたチョ・グァンジン脚本家が直接ドラマの執筆を担当したからだ。原作キャラクターの魅力を最大限に、ストーリーの構造をしっかりとさせてくれる原作者の合流はドラマファンだけでなく、ウェブ漫画マニアたちの期待をより刺激する。さらに実力派俳優たちまで合流し、いつにも増して期待が高まっている。

パク・セロイ役はパク・ソジュンが演じる。パク・セロイは不意に妥協しない青年。憤怒を抱いて入城した梨泰院の街で新しい挑戦を始める人物で、業界の大飲食手企業「チャンガ」への反撃で痛快さを与える。

ドラマ、映画を行き来しながら出演する作品ごとにしっかりとした演技力に基づいて驚きの興行パワーをアピールしたパク・ソジュン。覇気溢れる若者から女心をくすぐる“ラブコメの王”まで変身を続けてきた彼がもう一度「人生キャラクター」の更新に乗り出す。すでに作品に対する見識で興行不敗の神話を作ってきたパク・ソジュンの選択がより信頼感を与えてくれる。

パク・ソジュンは「パク・セロイは所信を守りながら毎瞬、努力する愚直な人物です。原作を読んだ多くの方々が自身の人生キャラクターと挙げるためプレッシャーも大きいですが、その分魅力的な人物なので挑戦してみたかったです」とし「『梨泰院クラス』に登場する様々なキャラクターの挑戦と成長は視聴者の皆さんにも共感を与え、応援となる存在だと期待しています。良いドラマとして記憶に残るように一生懸命準備します」と感想と覚悟を明かした。

神がくれた頭脳を持つ高知能ソシオパスのチョ・イソ役はユニークな魅力のキム・ダミが演じる。SNSスターで、パワーブロガーとしても有名なチョ・イソは天使のような顔とギャップのある性格を持っている人物。悪縁のように始まった縁でパク・セロイとともに梨泰院を掌握しようとする。

昨年、映画「魔女」で斬新なマスクと独歩的な演技力を披露し、各種映画授賞式を総なめにした最高の期待株キム・ダミは「梨泰院クラス」で生まれて初めてのドラマ主演を演じる。キム・ダミは「久々の作品であるだけに、トキメキとプレッシャーを同時に感じています。共演する俳優や監督、脚本家さんが素敵な方々なので良い経験になりそうです。チョ・イソとしてのキム・ダミもたくさん期待して欲しいです」と感想を伝えた。

ドラマと映画を行き来しながら最高の全盛期を過ごしているユ・ジェミョンは飲食業界の大手企業「チャンガ」の会長チャン・デヒを演じる。チャン・デヒはいつもお腹が空いていた子供時代の記憶で料理人になった成功した財閥で、慈悲のない権威主義者だ。息子の事故で絡んだ目の敵のようなパク・セロイに再会し、平和だった彼の人生が少しずつ揺らぎ始める。

ユ・ジェミョンは「梨泰院クラス」で慈悲のない会長チャン・デヒに変身し、今までとはまた違うイメージで視聴者を魅了させる見通しだ。特にパク・ソジュンと見せる激しい対決は「梨泰院クラス」を期待させる最高の鑑賞ポイントだ。ユ・ジェミョンは「この作品に参加することができて嬉しいですし、面白い作品になりそうなので撮影を楽しみにしています。監督、脚本家、先輩・後輩と一緒に素晴らしい作品に仕上げて視聴者のみなさんに会いに行きます」と伝え、期待を高めた。

「梨泰院クラス」の制作陣は「パク・ソジュン、キム・ダミ、ユ・ジェミョンの組み合わせはとても完璧です。個性の強いキャラクターに自身だけの色を着せる俳優たちのシナジー(相乗効果)を楽しみにしてください」と伝えた。

「梨泰院クラス」はJTBC新金土ドラマ「チョコレート」の後番組として放送される予定だ。

記者 : チョ・ヘリョン