「WATCHER」ハン・ソッキュ&ソ・ガンジュン&キム・ヒョンジュ、臓器密売事件を追跡…背後に潜むものとは?

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=OCN「WATCHER」画面キャプチャー
「WATCHER」ハン・ソッキュとキム・ヒョンジュ、ソ・ガンジュンが力を合わせた。彼らはチェ・ドンヒョンの背後に潜むものを暴き出すことができるだろうか。

韓国で14日に放送されたOCNの週末ドラマ「WATCHER」では、ハン・テジュ(キム・ヒョンジュ)とト・チグァン(ハン・ソッキュ)、そしてキム・ヨングン(ソ・ガンジュン)が臓器密売事件を追跡するシーンが描かれた。

この日、ハン・テジュは緻密な罠でイ検事(チェ・ドンヒョン)の殺人を防ぎ、彼を捕まえることに成功した。

ト・チグァンの計画はわざと彼を逃してその背後を追跡することだ。そしてト・チグァンの予想通り、イ検事は逃れるやいなや背後にいる誰かに連絡を取っていた。

イ検事は「捜査チームをそのまま置いてたら、やられますよ。僕が国のためにそうしたということは知っているじゃないですか」と主張したが、それは大意ではなく欲に過ぎないと一蹴させた。

キム・ヨングンが再びイ検事を追った時、彼はすでに殺された後だった。これにキム・ヨングンは憤怒した。

そんな中、イ・ヒョジョンが弁護士費用に言及するとハン・テジュは「今回は弁護できないから煩わせないで欲しいと言いに来ました」と線を引いた。そしてイ・ヒョジョンは臓器密売の疑いで逮捕された。

一方、この日ト・チグァンは庁長のヨム・トンスクに捜査チーム拡大を要請した。ト・チグァンは「昔のことは探らず、今起きた事件だけを調べます」と繰り返して要請した。

しかし、検察も警察も捜査の意志を見せない状況だ。これにチャン・へリョン(ホ・ソンテ)は現状況をハン・テジュに伝えながら退くことを勧めた。そんなチャン・へリョンに「人間らしさはどこから来ると思いますか? 」と聞くハン・テジュの姿が、今後の展開に対する好奇心を高めた。

記者 : イ・ヘミ