防弾少年団、日本スタジアムツアーで観客21万人を魅了!「一緒にいたこの瞬間を忘れないと思います」

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が北米やヨーロッパに続き、日本スタジアムツアーまで成功裏に終了した。

防弾少年団は7月13日と14日、静岡エコパスタジアムで「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF - JAPAN EDITION」を開催した。

日本でのスタジアムツアーは6日と7日に開催された大阪ヤンマースタジアム長居と今回の静岡エコパスタジアムまで、2都市で4回の公演で約21万人の観客を魅了した。

「Dionysus」でコンサートの幕を開けた防弾少年団は「Not Today」「Interlude : Wings」「DOPE」など、ヒット曲を披露し、ファンは歓呼した。そしてソロ曲およびユニット曲、7人のメンバーのハーモニーが際立つステージなど、全ての公演をライブでこなし、様々なステージを披露した。客席を埋め尽くしたファンは歓声とテチャン(歌に合わせて一緒に歌うこと)で防弾少年団のステージを一緒に楽しんだ。

特に3日に日本で発売した10thシングル「Lights / Boy With Luv」の収録曲「Boy With Luv -Japanese ver.-」を初披露し、公演会場を盛り上げた。14日の静岡公演では全国277ヶ所の映画館でライブビューイングも行われた。

日本でスタジアムツアーを終えた防弾少年団は「デビューアルバムから最近発売したシングルまで応援してくれたARMY(ファン)に感謝しています。ARMYと一緒にいる時間が僕たちにとっては最高の瞬間です。僕たちの公演を一緒に楽しんでくれた皆さんがいてとても幸せです。一緒にいたこの瞬間を忘れないと思います」と感想を語った。

防弾少年団は10月11日、サウジアラビアでツアー「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」を開催する。

記者 : イ・ミンジ