放送終了「春の夜」ハン・ジミン&チョン・ヘイン、2人の愛の行方は?

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「春の夜」放送画面キャプチャー
ハン・ジミンとチョン・ヘインが結婚を約束するハッピーエンドで、視聴者の好評を得た。

11日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「春の夜」最終回で、ジョンイン(ハン・ジミン)とジホ(チョン・ヘイン)は結婚を約束し、両家の家族に会った。

ジホが息子ウヌ(ハ・イアン)の母親のせいで酒を飲んだことで葛藤があったが、すぐにジョンインとジホはお互いを理解し合った。ジョンインは自身よりも不安で大変なジホの状況を理解し、ジホからもう一度酒を飲んだら結婚不可だという覚書をもらった。その間、クォン・ギソク(キム・ジュンハン)は、ジョンインの母親シン・ヒョンソン(キル・ヘヨン)に、ジホは質が悪いと陥れた。

シン・ヒョンソンはジョンインに、ジホに会ってみると話し、ジホはその場に息子ウヌまで連れていった。シン・ヒョンソンとイ・ソイン(イム・ソンオン)、イ・ジェイン(チュ・ミンギョン)が初めて会うウヌを笑顔で迎えた。その場でジホは「ウヌは僕だけを信じているから、崩れることもできない。ジョンインさんも僕という人だけ信じてここまで来たから、何があっても必ず守る」と言って、女性たちを泣かせた。

ジョンインは「うちの女性たち、元々あまり泣かない」とし、シン・ヒョンソンは「お父さんは長い道のりね」と心配した。ジョンインは「お父さんの気持ちなるべく待つ。これからも後悔する瞬間があるかもしれないけど、私は大丈夫。私の隣にジホさんがいるから。全部浴びせて、慰められながら、すぐに幸せになるはずだから」と話した。

ウヌは「パパ、先生と結婚するの? じゃ、先生がこれからママになるの?」と尋ね、ジョンインは「うん、先生がウヌのママになるんだよ」と答えた。ジホは「僕が頑張ります」と約束し、ジョンインは「いいえ、私たち3人で頑張るの」と話した。

続いて、ジョンインがジホ家に挨拶に行った。ジホの両親ユ・ナムス(オ・マンソク)とコ・スクヒ(キム・ジョンヨン)がジョンインを迎えた。ジョンインもジホのように、ジホの親の前でジホへの愛を語った。その夜、ジョンインは酔ってウヌの部屋で寝入ってしまい、今回はジホが必ず結婚するという覚書をもらった。

クォン・ギソクは最後の手段として、父親クォン・ヨングク(キム・チャンワン)にジョンインの父親イ・テハク(ソン・スンファン)の退任後に、財団の理事職を約束するようにとそそのかし、クォン・ヨングクはそれに従ったが、肝心のイ・テハクが受け入れなかった。クォン・ヨングクは息子に「お前はやるだけやった」という言葉でイ・テハクが断ったことを伝え、クォン・ギソクはようやくあきらめて、イ・ジョンインに「悪かった」というメッセージ送った。

ナム・シフン(イ・ムセン)は、イ・ソインとの離婚書類に印鑑を押し、クォン・ギソクは父親から会ってみるようにと言われていた国会議員の娘で大学教授に会い、新しい恋を暗示した。ジョンインとジホは、初めての出会いの時のように、薬局で酔い覚ましの薬を探して、ラブラブな雰囲気でエンディングを飾った。

結婚にはゴールインできず、イ・テハクの許可も得られなかったが、イ・テハクが退任後に理事職を諦め、時間はかかってもジョンインとジホが両家の家族の祝福を受けながら結婚することを推測させるハッピーエンドを作った。

視聴者たちは放送後、「ハラハラしていたけど、はっきりとしたハッピーエンドにしてくれてありがたい」「『春の夜』のおかげで楽しかった」「エンディングまで完璧だった」などの反応を表した。

記者 : ユ・ギョンサン