ユン・ユソン、新ドラマ「ノクドゥ伝」チョン・ミソンさんの後任として出演?関係者がコメント“前向きに検討中”

OSEN |

女優ユン・ユソンが、故チョン・ミソンさんの後任として「ノクドゥ伝」への出演を検討している。

本日(5日)KBS 2TV新月火ドラマ「ノクドゥ伝」の関係者は、OSENとの取材で「ユン・ユソンに『ノクドゥ伝』のチョン・ヘンス役で出演を提案したのは事実だ。まだ確定段階ではないが、双方とも出演を前向きに検討している」と公式コメントした。

この日の午前、あるマスコミはユン・ユソンがチョン・ミソンさんが務めた「ノクドゥ伝」のチョン・ヘンス役として撮影に参加すると報道した。ユン・ユソンはチョン・ミソンさんと芸能界の親友として有名だっただけに、苦心の末にオファーを受け入れたという。

これに関連し「ノクドゥ伝」側の関係者は「オファーをして、出演を前向きに検討しているのは事実だが、具体的なオファーのきっかけなどは確認できていない」と説明した。

「ノクドゥ伝」は、同名の人気ウェプ漫画を原作にして脚色された作品だ。ミステリアスな未亡人村に女装をして潜入したチョン・ノクドゥと、妓生(キーセン:朝鮮時代の芸者)になりたくない訳ありの乙女トン・ドンジュの不埒で愉快な朝鮮版ラブコメディドラマだ。

チョン・ヘンスは妓生村で未亡人村のユニークな村全体を守って管理する首長で、力のない女性たちを代弁する人物だ。チョン・ミソンさんは亡くなる前に出演を確定していた。現在「ノクドゥ伝」の制作陣は、突然にして死去した故人を追悼し、哀悼の意を表すために撮影を中断している状態だ。

記者 : ヨン・フィソン