チョン・ミソンさん、悲しみの中で本日(7/2)出棺…仲間たちと最後の別れ“哀悼の声続く”

OSEN |

写真=OSEN DB
今年でデビュー30周年を迎えた女優チョン・ミソンさんの出棺式が行われた。

本日(2日)午前5時30分、ソウル峨山(アサン)病院では、惜しくもこの世を去ったチョン・ミソンさんの出棺式が行われた。

チョン・ミソンさんは6月29日、全羅北道(チョルラプクト)全州(チョンジュ)のあるホテルの客室で亡くなった状態で発見された。故人は当時、演劇「実家の母と2泊3日」の公演を控えており、父親と最後の通話をしたという。

所属事務所は「悲しいニュースを伝えます。女優チョン・ミソンは50歳で運命を変えました。彼女は普段からうつ病で治療を受けていました」と伝え、衝撃を与えた。

続いて「故人の冥福を祈っていただくとともに、衝撃と悲しみに陥った遺族のために、確認されていないデマと推測による報道は自制をお願いします」とし「美しい姿でいつも私たちのそばにいるだろうと思っていた彼女が夜空の星になりました」と哀悼の意を示した。

チョン・ミソンさんの遺体安置所は6月30日、ソウル峨山(アサン)病院の葬儀場に設けられ、夫のパク・サンフンさんをはじめ、家族らが悲しみの中で遺体安置所を守った。

写真=ドンワン Instagram
チョン・ミソンさんの最後の道を見送るためたくさんの同僚たちが葬儀場を訪れた。故人の最後の作品になった映画「わが国の語音」で共演した俳優ソン・ガンホをはじめ、映画「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督、同僚女優のヨム・ジョンア、ユン・セア、ナ・ヨンヒ、ユン・ユソン、チョン・ユミ、パク・ソダム、俳優キム・ドンウク、ユン・シユンなどが葬儀場を訪れ、哀悼の意を示した。

また、多くの俳優たちがSNSを通じて追悼した。神話(SHINHWA)のドンワンは故人と一緒に撮った写真と共に「信じられないし、信じたくもない別れ。お悔やみ申し上げます、という言葉もなかなか出なさそうです」という文章を残した。俳優クォン・ヘソン、ハン・ジイル、キム・グォンなども故人を哀悼する文章を残した。

写真=クォン・ヘソン Instagram
チョン・ミソンさんは最近韓国で放送終了したtvN「サイコメトリーあいつ」やKBS 1TV「アンダンテ」、KBS 2TV「雲が描いた月明り」、KBS 2TV「製パン王キム・タック」、MBC「太陽を抱く月」、KBS「ファン・ジニ」など、数々のドラマに出演。また、7月24日に韓国で公開されるソン・ガンホ主演の新作映画「わが国の語音」にも出演し、昭憲(ソホン)王后役を務めた。

女優チョン・ミソンさん、父親と最後の通話か‥警察が詳しい経緯を調査中

女優チョン・ミソンさん、突然の訃報に仲間からの追悼相次ぐ「きれいな人…ゆっくり休んでください」

女優チョン・ミソンさんの突然の訃報…事務所が公式コメント「うつ病で治療を受けていた」(全文)

写真=クォン・ヘソン Instagram

記者 : カン・ソジョン