防弾少年団 SUGA、Heizeの新曲をプロデュース!初のコラボが話題…予告イメージ公開も

OSEN |

写真=Studio Blue
Heizeが防弾少年団 SUGAと初のコラボを披露する。

27日、Heizeが所属するStudio Blueは「Heizeが7月7日、新しいデジタルシングル『We don't talk together』を発売する。今回の新曲は防弾少年団 SUGAがプロデュースした楽曲で、HeizeとSUGAが作詞に、HeizeとEl capitxnが作曲に参加した」と明らかにした。

SUGAは防弾少年団の楽曲だけでなく、Suranの「今日酔えば」、EPIK HIGHの「Eternal Sunshine」など他のアーティストの楽曲の制作にも参加し、プロデューサーとしても能力を発揮している。

今回のコラボは両社のスタッフの音楽的な交流と推薦により行われたもので、HeizeはSUGAとの初のコラボを通じて、これまで披露した音楽スタイルとは異なる雰囲気の楽曲をリスナーに伝える計画だ。“信頼して聴くアーティスト”と呼ばれる二人がどんな結果を出すだろうか、期待が高い。

Heizeは27日、公式SNSアカウントを通じて1枚の予告イメージを公開し、ニューシングルのタイトルを公開した。

公開された画像には赤い服を着て丘の上で横になり、空を見上げるHeizeが写っている。写真には曲名「We don't talk together」が書かれており、Heizeの上に座っているウサギ一匹も目を引く。

HeizeとSUGAが共同でプロデュースし、作詞・作曲したニューシングル「We don't talk together」は7月7日午後6時、各音楽配信サイトを通じて発売される。

防弾少年団、USJとの夢のコラボが決定!新曲「Lights」が人気アトラクションのBGMに

Heize、7月7日にカムバック決定!新曲の予告イメージ2枚公開…パズルに隠された意味とは

記者 : チ・ミンギョン