ASTRO チャ・ウヌ&パク・ギウンら出演「新米史官ク・ヘリョン」王室でのスチールカットを公開

TVREPORT |

写真=チョロクベムメディア
「新米史官ク・ヘリョン」の朝鮮王家4人組が公開された。ASTROのチャ・ウヌ、パク・ギウン、キム・ヨジン、キム・ミンサンの話に注目が集まる。

本日(26日)、MBC新水木ドラマ「新米史官ク・ヘリョン」はイ・リム(チャ・ウヌ)、イ・ジン(パク・ギウン)など、3代にわたるシークレット王室の人々の姿を公開した。

公開された写真の中でも、官服を着ているイ・リムの姿が視線を引き付ける。実は彼は、王室の“生きている時限爆弾”のような存在だという。現在の王ハムヨングンのイ・テ(キム・ミンサン)に憎まれているイ・リムは、存在だけでも王室の平和を壊す問題的王子だと伝えられ、いったい彼にどんな事情があるのか、好奇心を刺激する。

続いてイ・ジンは、弟イ・リムに温厚な笑顔を見せており、見る人を微笑ませる。これに先立って、大臣たちの前で大声を出していたのとは異なる彼の姿が、兄弟の深い友情をうかがわせる。

優しい笑顔の大妃イム氏(キム・ヨジン)と、ヒステリックに叫んでいる王イ・テの姿がキャッチされ、関心を集める。異なる雰囲気の二人は、実はそれぞれ胸の内に恨みを抱えて生きている人々で、関心を集める。

「新米史官ク・ヘリョン」制作陣は「一見平和そうな宮に、それぞれ異なる姿で生きる4人の人物の関係と物語が、ドラマの展開に大きな影響を及ぼす予定だ。静かだが鋭い彼らに、大きな関心をお願いしたい」と伝えた。

「新米史官ク・ヘリョン」は、朝鮮初の問題的女史であるク・ヘリョン(シン・セギョン)と、意外にも恋愛経験ゼロの王子イ・リムのロマンスを描く。韓国で7月17日午後8時55分から放送が始まる。

記者 : チョ・ヘリョン