キム・ヨングァン「初対面で愛します」放送終了の感想を伝える“大きな挑戦だった…応援に感謝する”

TVREPORT |

写真=WIDE-S COMPANY
俳優キム・ヨングァンがSBS月火ドラマ「初対面で愛します」放送終了の感想を伝えた。

劇中でT&Tモバイルメディアの本部長ト・ミンイク役を務め、外見は完璧だがやることは幼稚なボスから、事故で顔面認識障害となって変化するキャラクターの姿を立体的に表現して視聴者の好評を受けたキム・ヨングァンが、放送終了を迎えて率直な感想を語った。

キム・ヨングァンは「これまでドラマ『初対面で愛します』を視聴し、ミンイクを応援して“ガーリック(ガルヒ+ミンイク)カップル”を支持してくれた視聴者のみなさんに心より感謝している。顔面認識障害を持っている人物を演じることは、僕にとっても大きな挑戦であったけど、多くの方々の応援で最後まで無事終えることができたと思う」と視聴者に感謝の気持ちを伝えた。

キム・ヨングァンは「ジャンルがラブコメなので、キャラクターを立体的に描こうと努力したけど、それらのために6ヶ月間息を合わせてくれた同僚、先輩、後輩の俳優の方々と見えないところで努力してくれた『初対面で愛します』チームに心より感謝している。おかげで特によく笑うことができた現場だった」と感想を伝えながら笑顔を見せ、周りを和ませた。

最後にキム・ヨングァンは「ドラマ『初対面で愛します』はこうやって終わったけど、僕はまた素敵な作品でみなさんに挨拶できるように努力する」と挨拶し、放送終了の感想を締めくくった。

記者 : キム・プルイプ