パク・ソジュン&アン・ソンギ&ウ・ドファン主演映画「使者」強烈なビジュアル&緊迫感あふれる第2弾ポスターを公開

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
息詰まる展開、ファンタジーが加わった強烈なアクションで観客たちの心をとらえる今夏の期待作「使者」が、爆発的な緊迫感を与える第2弾ポスターを初公開した。

「使者」は格闘技チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)が、エクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会い、世の中を混沌とさせる強力な悪に立ち向かうストーリーを描いた映画だ。2017年、夏の劇場街を席巻した映画「ミッドナイト・ランナー」(動員観客数565万人)のキム・ジュファン監督とパク・ソジュンの再会、ここに韓国の代表国民俳優アン・ソンギと若者俳優ウ・ドファンまで参加して期待を集める映画「使者」が、爆発的な演技シナジー(相乗効果)を予告する2種類の第2弾ポスターを公開した。

2種類のポスターは、強力な悪を巡る3人のシナジーと緊張感で目をとらえる。まず黒雲の下に飛び回るカラスたちの姿が緊張感を与える中、悪に立ち向かう格闘技チャンピオン“ヨンフ”、悪を追うエクソシスト“アン神父”、悪を伝える黒い主教“ジシン”の強烈な眼差しを盛り込んだポスターは、見る人々の視線を圧倒する。

ここに「悪の味方になるのか、悪に立ち向かうのか」というキャッチコピーは、強力な悪を巡る彼らの対決を予告、緊迫感あふれる展開を期待させる。

また別のポスターはパク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファンの強烈なシナジーと共にヨンフの手を巡る特別な力に対する好奇心を刺激する。原因が分からない手の傷を持っている特別な能力で悪に立ち向かうヨンフは、ファンタジー的な想像力が加わったパワフルなアクションを予告し、期待を高める。

特にキャラクターのために高難度アクション演技に挑戦したパク・ソジュン、柔らかいカリスマ性と重い存在感のアン・ソンギ、ミステリアスな魅力のウ・ドファンは今夏、最も新しく魅力的なチームワークで特別な演技シナジーを披露する予定だ。このようにパク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファンの強烈なビジュアルと爆発的なシナジーを予告する第2弾ポスターの公開で映画に対する関心を集める「使者」は今夏、今まで見たことがない新世界で劇場街を席巻する予定だ。

強力な悪を巡って繰り広げられる斬新なストーリーと題材、差別化されたアクションと魅力的な俳優たちのケミ(ケミストリー、相手との相性)が加わった2019年最高の期待作「使者」は、韓国で7月31日に公開される予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン