WE ARE THE NIGHT、ドラマ「A-TEEN 2」最後のOSTの主人公に…作詞&作曲&編曲に参加

OSEN |

写真=PLAYLIST
人気ウェブドラマ「A-TEEN 2」の最後のOST(劇中歌)がついに公開される。OSTを歌った主人公は、WE ARE THE NIGHTだった。

WE ARE THE NIGHTが歌ったウェブドラマ「A-TEEN 2」のOST「気になる」は20日午後6時、各音楽配信サイトを通じて公開された。

これに先立ち、PLAYLISTの全チャンネルを通じて、WE ARE THE NIGHTの「気になる」のミュージックビデオが公開され、注目を集めた。

2013年、シングル「Melancholy」でデビューしたWE ARE THE NIGHTはハム・ビョンソン、ハム・ピリップ、ファン・ソンス、チョン・ウォンジュン、キム・ボラムで構成された5人組のグループで、おぼろげで切ない感性を伝えるアーティストだ。今回の「気になる」はWE ARE THE NIGHTのボーカル、ハム・ビョンソンが作詞、作曲、編曲に参加した。

「A-TEEN 2」は、高校3年生になった主人公の悩みを中心に描いている。大学修学能力試験(日本のセンター試験)を控えて経験する葛藤と悩み、そしてその過程で経験する多くの選択の瞬間をリアルに描いている。4月25日に放送をスタートしてから約2週で再生回数3500万回を記録するなど、ウェブドラマの中で史上最高の人気を誇っている。

「A-TEEN 2」は、毎週木曜日と日曜日、PLAYLISTの公式YouTubeチャンネルやFacebookで公開され、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」では1話早く先行公開される。

記者 : キム・ナヒ