ラ・ミラン&キム・ムヨルら出演映画「正直な候補」6月15日にクランクイン…新たなコメディに期待

Newsen |

写真=NEW
“信頼して見れる女優”ラ・ミランからキム・ムヨル、ナ・ムニ、ユン・ギョンホまで、演技のベテランが一堂に会した。

2017年、映画「ブラザー」でコメディ映画を披露したチャン・ユジョン監督の新作「正直な候補」が6月15日、クランクインした。

「正直な候補」は、嘘をつくことが一番簡単だという当選3回目の国会議員チュ・サンスク(ラ・ミラン)が選挙を控えたある日、一夜で嘘がつけなくなるようになってから繰り広げられるドタバタコメディ映画だ。

2019年「僕の中のあいつ」と「ガールカプス」などコメディ映画で大ブレイクしたラ・ミランは、「正直な候補」を通じてある日突然世界で一番正直な政治家になったチュ・サンスクになって戻ってくる。女優ラ・ミラン特有のコメディ演技でもう一度観客に真の笑いを届ける予定だ。


国会議員候補チュ・サンスクの傍をひたすら守る補佐官パク・ヒチョル役は、誰と共演しても阿吽の呼吸を見せるキム・ムヨルが演じる。最近、観客から愛された映画「悪人伝」とは異なる姿でラ・ミランと特別なケミ(相性)を見せる予定だ。

情熱的に作品活動をしている国民的女優ナ・ムニは、チュ・サンスクの唯一の家族であるキム・オクヒ役を演じる。毒舌でサンスクを困らせるが、誰よりサンスクのことを心配する人物で、持ち前の温かく力のある演技で映画に活力を吹き込む予定だ。

ここにチュ・サンスクの夫ポン・マンシク役は映画「完璧な他人」「8番目の男」で韓国映画界のホットな次世代俳優に浮上したユン・ギョンホがキャスティングされた。「正直な候補」の中でひっきりなしに登場する笑いに一役買う予定だ。

それと共にソン・ヨンチャン、オン・ジュワン、チョ・ハンチョル、ソン・ジョンハク、チョ・スヒャン、ユン・セア、キム・ヨンリム、チャン・ドンジュら新人からベテランまでしっかりとした演技力を持つ俳優が合流し、彼らが見せてくれる愉快なコメディに期待させる。

映画「ブラザー」や「あなたの初恋探します」、ミュージカル「あなたの初恋探します」「兄弟は勇敢だった」「その日々」などジャンルを問わず優れたコメディの感覚を見せてきたチャン・ユジョン監督は「正直な候補」の初日の撮影現場で「立派な俳優と制作陣に会ってワクワクしているし、嬉しい。結果も過程も皆にとって幸せな作品になるようベストを尽くす」と覚悟を語った。

本格的な撮影に入った「正直な候補」は、韓国で2020年に公開される。

記者 : パク・アルム