ASTRO チャ・ウヌ&シン・セギョン、シックな雰囲気のカップルグラビアを公開…新ドラマ「新米史官ク・ヘリョン」で共演

TVREPORT |

写真=「Singles」
ASTROのチャ・ウヌと女優シン・セギョンが圧倒的なビジュアルを披露した。

ファッションマガジン「Singles」は、17日に韓国で放送がスタートするMBC新ドラマ「新米史官ク・ヘリョン」で主演を演じるシン・セギョン、チャ・ウヌの共演グラビアとインタビューの一部を公開した。

シン・セギョンは「前向きで明るいチャ・ウヌとの共演で、素敵な相乗効果が出ている」と伝え、チャ・ウヌとの息がぴったりだと語った。

SBS「根の深い木」「六龍が飛ぶ」などで主演を演じたシン・セギョンは、今回の作品で幼い頃を清で過ごした留学経験のある女史ク・ヘリョン役を演じる。

シン・セギョンは「台本そのものがとても斬新で、シンプルだった。キャラクターだけでなく、全体的なバランスやストーリーそのものが素敵で面白かった。キャラクターそれぞれの魅力も輝く作品だったので、それらが集まった時に仕上がるアンサンブルも期待される作品だ」と、作品への愛情をアピールした。

ク・ヘリョンは朝鮮時代初の女性史官であり、最近シン・セギョンが演じてきた人物が、典型的な女性らしさを強要しないキャラクターであったところと流れが繋がっている。シン・セギョンは「シャーリーズ・セロンが印象的な演技を披露した映画『モンスター』が好きなのだが、その作品で女優が輝くところがとてもカッコよかった。なので、作品を選ぶ時は典型的ではない女性のキャラクターに惹かれるのが事実だ」とし「新米史官ク・ヘリョン」を選んだ理由を率直に語った。

チャ・ウヌは「新米史官ク・ヘリョン」でイ・リム役を務め、自身初の時代劇に挑戦する。作品のために2kg減量したほど、イ・リムへの情熱は特別だという。

チャ・ウヌが自身に与えた最も大きな課題は「視聴者のみなさんにイ・リムの魅力を説得させること」だった。チャ・ウヌは「断絶された人生を生きているイ・リムは、すべての面においてつたない。ク・ヘリョンに出会って様々な事件を経験し、成長していく姿を一番表現したい」と伝えた。

また「可愛くて純粋なイ・リムを表現するために、幼い頃の弟だったり、グループの末っ子であるユン・サナの行動を思い浮かべたりした。現場に行くと、思っていたこととは違う場合もあり、監督やスタッフさんによく質問する。内官役のソン・ジル先輩も、積極的にサポートしてくれる」と付け加えた。

チャ・ウヌは「様々な経験を積んで、たくさんの人々に信頼を与えたい」と抱負を語った。また「様々な現場を経験して新しい世界に出会うほど、幼い頃に母が家の随所に貼っていた格言のうち、座右の銘になった『感謝できる人が本当に幸せな人だ』と『汝、自らを知れ』がさらに心に響く」と伝えた。

シン・セギョンとチャ・ウヌのグラビア&インタビューは「Singles」7月号で確認することができる。

記者 : キム・ミンジ