パク・ソジュン&アン・ソンギ&ウ・ドファン主演映画「使者」第2弾予告編公開…強烈なアクション(動画あり)

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
息詰まる展開、ファンタジーが加わった強烈なアクションで観客たちの目をとらえる今夏の期待作「使者」が、緊迫感あふれる映像で目を離すことができない第2弾予告編を初公開した。

「使者」は格闘技チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)が、エクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会い、世の中を混沌とさせる強力な悪に立ち向かうストーリーを描いた映画だ。2017年、夏の劇場街を席巻した映画「ミッドナイト・ランナー」(動員観客数565万人)のキム・ジュファン監督と俳優パク・ソジュンがタッグを組み、ここに俳優アン・ソンギ、ウ・ドファンまで出演し、韓国の代表国民俳優と若者俳優のケミストリー(相手との相性)で期待を集めている映画「使者」が、緊迫感あふれる展開と強烈なアクションで目をとらえる第2弾予告編を公開した。

今回公開した予告編は、世界的な格闘技選手ヨンフの強烈な登場で視線を引きつける。相手選手の体に刻まれた十字架を見て怒るヨンフの姿は、彼の隠された事情への好奇心を刺激する。

続いて突然できた手の傷で苦しんでいるヨンフが、自身も知らなかった能力を発揮して危機に見舞われたエクソシストのアン神父を助けるシーンは、手の傷にどんな秘密が隠されているのか関心を集める。相手の弱点を見抜き、悪をまき散らす強力な存在“黒い主教”ジシン(ウ・ドファン)の強烈なビジュアルが視線を圧倒する中、「悪の味方になるのか、悪に立ち向かうのか」というキャッチコピーとともに登場するヨンフとアン神父の姿は、彼らが見せる爆発的なシナジー(相乗効果)と活躍を予告して緊張感を与える。

ここにヨンフの叫びと共に引き続き繰り広げられる緊迫した展開は、新しくて強烈なアクションと調和をなし、最後まで一時も目を離すことができなくなるようにする。このような緊張感あふれるストーリーと圧倒的なアクションで期待を高める第2弾予告編を公開した「使者」は、今まで感じたことがない面白さと快感を与え、今夏劇場街を揺るがす予定だ。

強力な悪を巡って繰り広げられる斬新なストーリーと題材、差別化されたアクションと魅力的な俳優たちのケミストリーが加わった2019年の最高期待作「使者」は、韓国で7月に公開される予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン